感じる脳 ——情動と感情の脳科学よみがえるスピノザ

書籍情報

【単行本】
No image
著 者:
アントニオ・R・ダマシオ
訳 者:
田中三彦
出版社:
ダイヤモンド社
出版年:
2005年11月
定 価:
本体2,800円+税

「感情の神経生物学」の本。見方をかえれば、神経生物学の見地からスピノザを論じることを試みた本

本書は、スピノザに照らしながら「感情」を論じている本であり、「感情の神経生物学」の本と捉えるのが適切なのかもしれない。しかし著者ダマシオのこころは、スピノザを論じること、またスピノザに照らしながら「神経生物学」の立場から「倫理」や「幸福」を論じることにあるように思える。原題は『Looking for Spinoza』(副題は省略)

著者は、感情についてこう述べている。「感情は有機体全体の命の状態の<顕れ>と見ることができるし、また実際しばしばそうである」と。「ポジティブ」な感情や「ネガティブ」な感情についても、「有機体の状態」という観点から説明する。

たとえば、ポジティブな感情は、「命のプロセスの調節がより効率的に、いや場合によっては最適になり、思うままに流れ、よどみがない、そういう有機体の状態」に伴う感情だという。

では、感情の基盤は何だろうか。脳は、刻一刻と変化していく身体状態をマッピングしている。この脳のなかの「身体マップ」が、感情の基盤だという。「身体マップ」は、いくつかの脳部位が関与しているニューラル・マップだが、著者が感情の基盤としてとくに重要視している脳部位は「島皮質」のようだ。

こうした感情のメカニズムや感情の存在理由などを論じたあとで、ひとつの章を割いて、スピノザの人物像をその時代背景とともに描き出すことを試みる。最終章では、スピノザに照らしながら「神経生物学」の立場から、倫理や幸福について語る。

感情を、そしてスピノザを論じる本書にふさわしく、最後には、「希望」という感情について述べたスピノザの言葉が置かれている。

ひとこと

「情動」や「感情」の定義など、ダマシオの前著を読んでいない読者に向けた解説もある。これまでのダマシオの仮説などをまとめつつ、感情とスピノザに焦点をあてて論じている。

初投稿日:2015年05月12日

新刊・近刊リスト

新刊・近刊リストは出版社サイトを別ウインドウで開きます

著者案内

著者案内「デイヴィッド・イーグルマン」画像 著者案内「井ノ口馨」画像 著者案内「櫻井武」画像 著者案内「多田将」画像 著者案内「リチャード・ドーキンス」画像 著者案内「福岡伸一」画像 「傳田光洋」画像 「マイケル・S.ガザニガ」画像 アントニオ・R・ダマシオ画像 「池谷裕二」画像 joseph ledoux著者案内イメージ 著者案内V.S.ラマチャンドラン画像 著者案内「村山斉」画像 著者案内「大栗博司」画像

テーマ案内

おすすめ本

以前に新刊・近刊としてピックアップしたもの

出版社サイトを別ウインドウで開きます