量子革命
著 者:
マンジット・クマール
出版社:
新潮社
書影リンク先Amazon
デカルトの誤り
著 者:
アントニオ・R・ダマシオ
出版社:
筑摩書房
書影リンク先Amazon
生物と無生物のあいだ
著 者:
福岡伸一
出版社:
講談社
書影リンク先Amazon
進化しすぎた脳
著 者:
池谷裕二
出版社:
講談社
書影リンク先Amazon
重力とは何か
著 者:
大栗博司
出版社:
幻冬舎
書影リンク先Amazon
ブラックホール
著 者:
マーシャ・バトゥーシャク
出版社:
地人書館
書影リンク先Amazon

芸術と科学のあいだ

書籍情報

【単行本】
書影リンク先Amazon
著 者:
福岡伸一
出版社:
木楽舎
出版年:
2015年11月

芸術をとおして「生命」を語るエッセイ集

時間、記憶、渦巻き、ヴォイド、対構造、相補性、動的平衡——これらは、著者が生命の本質を論じるうえでのキーワード。本書は、このような生命の本質を内包している芸術を語ることをとおして、生命とは何かを浮かび上がらせるエッセイ集。

とはいえ、この本は〝芸術エッセイという顔〟をしている。NDC分類も704(芸術、美術)で、生命と絡めずに芸術について語っているエッセイがいくつもある。各エッセイのはじめには、とりあげる芸術作品の画像が置かれており、パラパラとめくるだけでも楽しい、画集(小さな画集)的な要素もあわせもっている。登場する作品は、著者が愛好するフェルメールの作品(「牛乳を注ぐ女」「地理学者」など)、葛飾北斎「男波・女波」(怒涛図)、ピーテル・ブリューゲル「バベルの塔」、ほかにも写真など、いろいろ。

本書は、「日本経済新聞」(2014年2月16日〜2015年6月28日)の連載をまとめたもの。手のひらサイズのコンパクトな本。

ひとこと

芸術と生命科学との〝橋渡し〟的な一冊。

初投稿日:2016年01月27日

おすすめ本

著者案内

davidlindenイメージdavideaglemanイメージ著者案内「井ノ口馨」メイン画像著者案内「櫻井武」メイン画像著者案内「多田将」メイン画像著者案内「リチャード・ドーキンス」画像著者案内「福岡伸一」メイン画像「傳田光洋」メイン画像「マイケル・S.ガザニガ」メイン画像「アントニオ・R・ダマシオ」メイン画像「池谷裕二」メイン画像lisarandall-main-imgjoseph ledoux著者案内イメージV.S.ラマチャンドランの本、どれを読むメイン画像著者案内「村山斉」画像著者案内「大栗博司」画像

テーマ案内