これが物理学だ!
著 者:
ウォルター・ルーウィン
出版社:
文藝春秋
No image
デカルトの誤り
著 者:
アントニオ・R・ダマシオ
出版社:
筑摩書房
No image
遺伝子が語る免疫学夜話
著 者:
橋本求
出版社:
晶文社
No image
意識と自己
著 者:
アントニオ・R・ダマシオ
出版社:
講談社
No image
宇宙はなぜ美しいのか
著 者:
村山斉
出版社:
幻冬舎
No image
快感回路
著 者:
デイヴィッド・J・リンデン
出版社:
河出書房新社
No image

伝記・小説・哲学・量子力学のどれかに興味がある方におすすめの本

量子革命
著 者:
マンジット・クマール
出版社:
新潮社
No image

この本は、「量子」という言葉や、物理学の本ということで敬遠されてしまっては、もったいない。

物理学に興味がなくても、伝記や小説が好きな方であれば、おすすめしたい。なぜなら本書は、二度の世界大戦があった激動の20世紀を浮き彫りにしながら、あまたの天才物理学者たちの人物像と交流を、小説のように丹念な人物描写で描き出した、読み応えのある物語だから。

また、哲学に興味がある方にもおすすめできる。「今日なお、多くのすぐれた物理学者と哲学者の心を捉えて放さない」という「実在の本性」をめぐるアインシュタイン=ボーア論争が本書の軸となっている。

おそらく、「サイモン・シン著+青木薫訳にハズレなし」と思っているポピュラーサイエンス好きの読者は多いはず。私もそのひとりだが、著者マンジット・クマールは、サイモン・シンに比肩する力量をもったサイエンスライターであると思う。

もちろん、量子力学がテーマなので、ミクロな世界の物理学に興味がない読者には、うんざりする部分が多々あると思う。それでも、難しいところは気にせず読み流してでも一読の価値がある本といえる。多くの人に称賛されている話題作なので読んでおいて損はないはず。おすすめ。

初投稿日:2015年01月28日

おすすめ本

著者案内

著者案内オリヴァー・サックスの画像「デイヴィッド・J・リンデンの本、どれを読む?」メイン画像「デイヴィッド・イーグルマンの本、どれを読む?」メイン画像「井ノ口馨の本、どれを読む?」メイン画像「櫻井武の本、どれを読む?」メイン画像「多田将の本、どれを読む?」メイン画像「リチャード・ドーキンスの本、どれを読む?」メイン画像「福岡伸一の本、どれを読む?」メイン画像「傳田光洋の本、どれを読む?」メイン画像「マイケル・S.ガザニガの本、どれを読む?」メイン画像「アントニオ・R・ダマシオの本、どれを読む?」メイン画像「池谷裕二の本、どれを読む?」メイン画像「リサ・ランドールの本、どれを読む?」メイン画像「ジョゼフ・ルドゥーの本、どれを読む?」メイン画像「V.S.ラマチャンドランの本、どれを読む?」メイン画像「村山斉の本、どれを読む?」メイン画像「大栗博司の本、どれを読む?」メイン画像

テーマ案内