量子革命
著 者:
マンジット・クマール
出版社:
新潮社
書影リンク先Amazon
デカルトの誤り
著 者:
アントニオ・R・ダマシオ
出版社:
筑摩書房
書影リンク先Amazon
生物と無生物のあいだ
著 者:
福岡伸一
出版社:
講談社
書影リンク先Amazon
進化しすぎた脳
著 者:
池谷裕二
出版社:
講談社
書影リンク先Amazon
重力とは何か
著 者:
大栗博司
出版社:
幻冬舎
書影リンク先Amazon
ブラックホール
著 者:
マーシャ・バトゥーシャク
出版社:
地人書館
書影リンク先Amazon

生物学の本-TOP

ネアンデルタール人は私たちと交配した
著 者:
スヴァンテ・ペーボ
出版社:
文藝春秋
書影リンク先Amazon
ウイルスは生きている
著 者:
中屋敷均
出版社:
講談社
書影リンク先Amazon

書評(生物学)

わたしの すきな もの

著 者:
福岡伸一
出版社:
婦人之友社
書影リンク先Amazon

『婦人之友』で連載された気楽に読めるエッセイをまとめたもの。

利己的細胞

著 者:
帯刀益夫
出版社:
新曜社
書影リンク先Amazon

細菌や遺伝子や真核細胞にまつわる多彩な知見が得られる本。また、リチャード・ドーキンスの『利己的遺伝子』に対する反論を試みている。

進化の意外な順序

著 者:
アントニオ・ダマシオ
出版社:
白揚社
書影リンク先Amazon

本書では、私たちの心、感情、意識がいかにして進化してきたかを見ていき、そして感情やホメオスタシスの観点から、文化について、現代社会とその未来について、人間の本性について論じている。

ナチュラリスト

著 者:
福岡伸一
出版社:
新潮社
書影リンク先Amazon

ドリトル先生の物語(児童文学)の世界観を紹介し、「ドリトル先生のイギリス」を訪ねる「ナチュラリストとしての旅路」を語り、その物語を題材に福岡生命論を展開する。

ツチハンミョウのギャンブル

著 者:
福岡伸一
出版社:
文藝春秋
書影リンク先Amazon

「週刊文春」の連載コラムをまとめたもの。一人称「福岡ハカセ」で綴るシリーズの第五弾。福岡伸一らしい読ませるエッセイが多数収録されている。

福岡伸一、西田哲学を読む

著 者:
池田善昭/福岡伸一
出版社:
明石書店
書影リンク先Amazon

「ピュシス」対「ロゴス」をメインテーマとした、池田善昭と福岡伸一の対話。書名のとおり、福岡伸一が、西田哲学を自身の生命論「動的平衡」に照らして読み解いている。

動的平衡3

著 者:
福岡伸一
出版社:
木楽舎
書影リンク先Amazon

著者・福岡伸一のおもな主張が盛り込まれているエッセイ集。

眠れなくなるほどおもしろい睡眠の話

著 者:
関口雄祐
出版社:
洋泉社
No image

イルカの睡眠をはじめ、さまざまな動物の眠りを概観した一冊。もちろん、ヒトの睡眠の話題もある。

タンパク質の一生

著 者:
永田和宏
出版社:
岩波書店
書影リンク先Amazon

「生命活動の主役」タンパク質。その「一生」を描き出し、それを通して、生物の巧妙な仕組みを浮き彫りにした一冊。

タンパク質とからだ

著 者:
平野久
出版社:
中央公論新社
No image

タンパク質にまつわる基本的な解説から始めて、「プロテオミクス」を紹介した一冊。

生命の内と外

著 者:
永田和宏
出版社:
新潮社
書影リンク先Amazon

「閉じつつ、開いて」いる細胞膜に焦点をあて、生命の巧妙な仕組みを浮き彫りにした一冊。

生命科学の静かなる革命

著 者:
福岡伸一
出版社:
集英社インターナショナル
書影リンク先Amazon

本書は、生命科学の発展に寄与したロックフェラー大学の科学者に光を当てる。ノーベル賞学者を含む5人の科学者との対談では、「生命とは何か」と問いかけている。

おすすめ本(生物学)

細胞膜という境界を通して、生命の巧妙な仕組みを眺めてみたい方におすすめの本

生命の内と外
著 者:
永田和宏
出版社:
新潮社
書影リンク先Amazon

「閉じつつ、開いて」いる細胞膜。生命は、「閉じつつ開く」という困難をどのように克服し、細胞レベルでの恒常性を維持しているのか。このことを論じている『生命の内と外』(永田和宏)をオススメ。

生物という〝複雑なもの〟はどのようにして存在するに至ったのか。リチャード・ドーキンスの見解を知りたい方におすすめの本

盲目の時計職人
著 者:
リチャード・ドーキンス
出版社:
早川書房
書影リンク先Amazon

著名なドーキンスが進化をどのように考えているのかがよくわかる『盲目の時計職人 自然淘汰は偶然か?』(リチャード・ドーキンス)をオススメ。

進化の観点からウイルスを見つめ、生命とは何かを考えてみたい方におすすめの本

ウイルスは生きている
著 者:
中屋敷均
出版社:
講談社
書影リンク先Amazon

ときにエピソードを巧みな表現で綴り、ときに喩えを駆使した解説を試み、ときに生命とは何かという壮大なテーマに取り組む『ウイルスは生きている』(中屋敷均)をオススメ。

DNA、RNA、タンパク質、そしてこれらの関係の基礎を〝学ぶ〟ことができる一般向けの本を探している方におすすめの本

細胞の中の分子生物学
著 者:
森和俊
出版社:
講談社
書影リンク先Amazon

冒頭から第3章までの約100ページをじっくりと読むだけで、DNA、RNA、タンパク質、そしてこれらの関係の基礎を学ぶことができる『細胞の中の分子生物学 最新・生命科学入門』(森和俊)をオススメ。本書のハイライトは「小胞体ストレス応答」の解説。「京大理学部での講義の集大成」

感染症の病原体をつきとめていく生物学的手法、プリオン病の研究史、に興味がある方におすすめの本

プリオン説はほんとうか?
著 者:
福岡伸一
出版社:
講談社
No image

ノーベル賞を受賞したセオリーである「プリオン説」を批判的に再検討した『プリオン説はほんとうか?』(福岡伸一)をオススメ。

エピジェネティクスのことを正確に知りたい方におすすめの本

エピジェネティクス
著 者:
仲野徹
出版社:
岩波書店
書影リンク先Amazon

エピジェネティクス研究の現状を、その専門家が、公平に、冷静に考察している『エピジェネティクス』(仲野徹)をオススメ。もちろん、エピジェネティクスの全体像を理解できる。

分子生物学の手法や研究者の思考に興味がある方におすすめの本

ミトコンドリア・ミステリー
著 者:
林純一
出版社:
講談社
書影リンク先Amazon

ミトコンドリアDNAにまつわる「ミステリー」を解き明かす。ミトコンドリア研究がリアルに伝わってくる『ミトコンドリア・ミステリー』(林純一)をオススメ。

動的平衡という生命観をまだ知らない方におすすめの本

生物と無生物のあいだ
著 者:
福岡伸一
出版社:
講談社
書影リンク先Amazon

「生命とは動的平衡にある流れである」。動的平衡という生命観を、叙情的に描き出した話題作『生物と無生物のあいだ』(福岡伸一)をオススメ。

読書の幅を広げたい小説好きにおすすめの本(1)

生物と無生物のあいだ
著 者:
福岡伸一
出版社:
講談社
書影リンク先Amazon

生命の不思議、繊細さ、巧妙さ、強さ脆さを叙情的に描き出した『生物と無生物のあいだ』(福岡伸一)をオススメ。

著者案内(生物学)

リチャード・ドーキンスの本、どれを読む?

著者案内「リチャード・ドーキンス」画像

リチャード・ドーキンス(Richard Dawkins)は、世界的に著名なダーウィニズムの語り手。劇的な喩え、豊富な事例、読者を説き伏せる力強い筆致で、進化は事実であると説く。

福岡伸一の本、どれを読む?

著者案内「福岡伸一」メイン画像

福岡伸一は、有名な科学専門誌『ネイチャー』に論文が掲載されたことがある生物学者。その確かな科学知識と美しい文体を融合させて、稀に見る、抒情に富んだ科学本をつくりあげている。代表作は大ベストセラー。

テーマ案内(生物学)

遺伝子のスイッチをオン・オフに制御する仕組み、エピジェネティクス

「エピジェネティクス」メインイメージ

遺伝子のスイッチをオン・オフに制御する仕組み、エピジェネティクス。この読書テーマは、喩えるなら、DNAがその身にまとう「服装」のはなし。

独自のDNAをもつ細胞小器官ミトコンドリア

「ミトコンドリア」メインイメージ

独自のDNAをもつ細胞小器官「ミトコンドリア」の話題は、生命進化や人類の起源といった壮大な話題から、老化や病気といった深刻な話題まで、驚くほど多彩だ。

生物学のキーワードで本を探す