量子革命
著 者:
マンジット・クマール
出版社:
新潮社
書影リンク先Amazon
デカルトの誤り
著 者:
アントニオ・R・ダマシオ
出版社:
筑摩書房
書影リンク先Amazon
生物と無生物のあいだ
著 者:
福岡伸一
出版社:
講談社
書影リンク先Amazon
進化しすぎた脳
著 者:
池谷裕二
出版社:
講談社
書影リンク先Amazon
重力とは何か
著 者:
大栗博司
出版社:
幻冬舎
書影リンク先Amazon
ブラックホール
著 者:
マーシャ・バトゥーシャク
出版社:
地人書館
書影リンク先Amazon

睡眠のはなしーー快眠のためのヒント

書籍情報

【中公新書】
書影リンク先Amazon
著 者:
内山真
出版社:
中央公論新社
出版年:
2014年1月

睡眠障害にスポットライトをあて、私たちの生活や健康に役立つような「快眠のためのヒント」となる知見を述べた一冊

「はじめに」によると、著者は「さまざまな睡眠障害のメカニズムや治療についての臨床研究」を行うと同時に、睡眠障害専門外来で「多くの睡眠障害の診療を経験し」てきた。そして、「心の病を持つ人たち、多様な睡眠障害に悩む人たちの役に立てるよう、日夜診療を続けている」という。

上述の著者紹介は、著者の言葉を部分的に引用し、勤務先名を省略してのご紹介なのだが、ここで私がお伝えしたかったのは、著者が「睡眠障害の診療」に深く携わっているということ。そして本書の特色は、この著者の経歴が示すように、睡眠障害の観点から睡眠をとりあげているところにある。

内容をざっとあげると、レム睡眠行動障害、概日リズム睡眠障害、交代勤務性睡眠障害、不眠症、睡眠時無呼吸症候群、レストレスレッグス症候群(むずむず脚症候群)、「睡眠薬とのつきあい方」、「睡眠とうつ病」、などがある。

もちろん、睡眠障害以外の話題もある。たとえば、眠りと記憶の関係や、夢についても解説している。

本書は、睡眠と脳や身体の関係、体内時計などを解説して、睡眠障害にスポットライトをあて、私たちの生活や健康に役立つような「快眠のためのヒント」となる知見を述べた一冊。

ひとこと

難しすぎない、簡単すぎないバランスがよい解説だと感じた。

初投稿日:2015年01月17日

おすすめ本

著者案内

davidlindenイメージdavideaglemanイメージ著者案内「井ノ口馨」メイン画像著者案内「櫻井武」メイン画像著者案内「多田将」メイン画像著者案内「リチャード・ドーキンス」画像著者案内「福岡伸一」メイン画像「傳田光洋」メイン画像「マイケル・S.ガザニガ」メイン画像「アントニオ・R・ダマシオ」メイン画像「池谷裕二」メイン画像lisarandall-main-imgjoseph ledoux著者案内イメージV.S.ラマチャンドランの本、どれを読むメイン画像著者案内「村山斉」画像著者案内「大栗博司」画像

テーマ案内