デカルトの誤り ——情動、理性、人間の脳

書籍情報

【ちくま学芸文庫】
No image
著 者:
アントニオ・R・ダマシオ
訳 者:
田中三彦
出版社:
筑摩書房
出版年:
2010年7月
定 価:
本体1,500円+税

合理的な意志決定には「情動」と「感情」が不可欠であるという「ソマティック・マーカー仮説」。本書は、情動や感情と理性の関係を論じ、また心と自己の深淵にも迫る世界的ベストセラー

原書『DESCARTES’ ERROR』(副題は省略)は、1994年に上梓され、そして世界的なベストセラーとなった。合理的な意志決定には「情動」と「感情」が不可欠であるという「ソマティック・マーカー仮説」は、世界各国の読者に大きなインパクトをもたらしたようだ。日本語版は、2000年に『生存する脳』(講談社)という書名で出版された。原書は2005年に新版となったが、訳者あとがきによると「内容的にはほとんど変わっていない」そうだ。本書『デカルトの誤り』は、この2005年版『DESCARTES’ ERROR』を全訳したもの。

「ソマティック・マーカー仮説」は、神経疾患患者たちに対する「臨床的、実験的研究」に基づいて立てられたもの。本書は、「前頭前野腹内側部」を損傷した患者のふるまいを描き出し、この患者たちに、「推論と意志決定の障害」および「情動と感情の障害」が同時に見られることを浮き彫りにする。

そしてキーワードである「情動」と「感情」の定義など、本書の重要な概念が述べられ、ソマティック・マーカー仮説とはどのようなもので、どのように検証されたのかが論じられていく。著者は、情動と感情という似た言葉を、異なるものとして使用する。情動は「一次の情動」と「二次の情動」に、感情は「情動的感情」と「背景的感情」に分けられている。

著者の論考は、「心」と「自己」にまで広がりをみせる。

心の理解への取り組みに際して、著者が重要視しているのは、「脳」と「身体」は強く相互作用している分離不可能なものであるということ。「脳」と「身体」は分離不可能な「有機体」を形成しており、そして有機体は「環境」と強く相互作用している、と。

著者は、現在の「さまざまな形のデカルト的誤謬」に懸念を抱いている。「デカルトの誤り」とは何か。それが最終章で語られている。

ひとこと

読むのが大変な本だとは思うが、一読の価値がある。脳の一般向け書籍をある程度読んでから手にするのが良さそうだ。

初投稿日:2015年05月16日

新刊・近刊リスト

新刊・近刊リストは出版社サイトを別ウインドウで開きます

著者案内

著者案内「デイヴィッド・イーグルマン」画像 著者案内「井ノ口馨」画像 著者案内「櫻井武」画像 著者案内「多田将」画像 著者案内「リチャード・ドーキンス」画像 著者案内「福岡伸一」画像 「傳田光洋」画像 「マイケル・S.ガザニガ」画像 アントニオ・R・ダマシオ画像 「池谷裕二」画像 joseph ledoux著者案内イメージ 著者案内V.S.ラマチャンドラン画像 著者案内「村山斉」画像 著者案内「大栗博司」画像

テーマ案内

おすすめ本

以前に新刊・近刊としてピックアップしたもの

出版社サイトを別ウインドウで開きます