量子革命
著 者:
マンジット・クマール
出版社:
新潮社
書影リンク先Amazon
デカルトの誤り
著 者:
アントニオ・R・ダマシオ
出版社:
筑摩書房
書影リンク先Amazon
生物と無生物のあいだ
著 者:
福岡伸一
出版社:
講談社
書影リンク先Amazon
進化しすぎた脳
著 者:
池谷裕二
出版社:
講談社
書影リンク先Amazon
重力とは何か
著 者:
大栗博司
出版社:
幻冬舎
書影リンク先Amazon
ブラックホール
著 者:
マーシャ・バトゥーシャク
出版社:
地人書館
書影リンク先Amazon

自己が心にやってくるーー意識ある脳の構築

書籍情報

【単行本】
書影リンク先Amazon
著 者:
アントニオ・R・ダマシオ
訳 者:
山形浩生
出版社:
早川書房
出版年:
2013年11月

意識はどのように構築されるのか。これまでの著者の見解をまとめつつ、前著『無意識の脳 自己意識の脳』(文庫版書名『意識と自己』)で展開した仮説を〝補足修正〟する

アントニオ・R・ダマシオの著書に、『無意識の脳 自己意識の脳』(文庫版書名『意識と自己』)(原書『The Feeling of What Happens』)がある(日本語版は2003年、原書は1999年のもの)。この本で著者ダマシオは、自己に焦点をあてて「意識」を論じた。

本書『自己が心にやってくる』は、『無意識の脳 自己意識の脳』(文庫版書名『意識と自己』)を〝補足修正〟したものと捉えるとよいのではないだろうか。

著者ダマシオは「出直し」だと言う。こう述べている。「本には執筆する理由があるべきだ。本書は一から出直すために書いた」と。そして、「変更点は特に二つある。感情の起源と性質、および自己の構築の背後にあるメカニズムだ」と述べている。

訳者の山形浩生は「大枠としては――特に研究者でもない一般読者が理解するレベルでは――ことさら大きな変化があったわけではない」と述べ、「これまでのダマシオの議論を集大成」したものと見ている。(ちなみに、ダマシオの前著三冊の訳者は、田中三彦。今回訳者が変わったため、前著と異なる訳語となったものがある)

本書では、「原初的感情」という要素が導入されている。また、「自伝的自己状態の組み立てに貢献する」として、後部内側皮質(PMC)をとりあげている。ほかに、「記憶」の解説も補強されている。著者のこれまでの見解もまとめられている。

ひとこと

意識の構築を詳しく論じているのは、『無意識の脳 自己意識の脳』(文庫版書名『意識と自己』)のほうだと思う。本書は〝補足修正〟だと感じた。

初投稿日:2015年05月09日最終加筆:2023年02月07日

おすすめ本

著者案内

davidlindenイメージdavideaglemanイメージ著者案内「井ノ口馨」メイン画像著者案内「櫻井武」メイン画像著者案内「多田将」メイン画像著者案内「リチャード・ドーキンス」画像著者案内「福岡伸一」メイン画像「傳田光洋」メイン画像「マイケル・S.ガザニガ」メイン画像「アントニオ・R・ダマシオ」メイン画像「池谷裕二」メイン画像lisarandall-main-imgjoseph ledoux著者案内イメージV.S.ラマチャンドランの本、どれを読むメイン画像著者案内「村山斉」画像著者案内「大栗博司」画像

テーマ案内