睡眠の科学 ——なぜ眠るのかなぜ目覚めるのか

書籍情報

【ブルーバックス】
No image
著 者:
櫻井武
出版社:
講談社
出版年:
2010年11月
定 価:
本体900円+税
【改訂新版】
No image
出版年:
2017年8月
定 価:
本体1,000円+税

覚醒の制御にかかわる神経ペプチド「オレキシン」の発見者である著者が、睡眠と覚醒の脳内メカニズムを解説

睡眠は進化の過程で失われることがなかった。このことからも睡眠が重要な機能であることがわかる。本書はそんな指摘からはじまり、読み終えた頃には、脳科学に基づいた睡眠知識を得ることができる。

一晩の眠りのなかでは、さまざまな変化が起こる。「ノンレム睡眠」や「レム睡眠」と呼ばれるそれぞれの睡眠段階では、脳の活動状態も身体の状態もまったく異なっている。本書では、それぞれの睡眠がどのようなものか、そして覚醒と睡眠はどのようにして切り替えられるのか、といった睡眠のしくみが、脳科学の知見に基づいて丁寧に解説される。

必要とされる脳科学の知識は、コラムなどで解説されている。「ニューロン(神経細胞)」「活動電位(アクションポテンシャル)」「前頭葉と前頭前野」「脳の構造」「神経伝達物質」「大脳皮質」などなど、ほかにも、脳科学の基礎知識をもたない読者のためのコラムが用意されている。

著者は、覚醒の制御にかかわる神経ペプチド「オレキシン」の発見者であり、オレキシンについては第4章と第5章を割いて、発見経緯からその機能までしっかりと語られている。ここでは、オレキシンと関連があるというナルコレプシーの概説もある。

第6章では、睡眠導入薬などの薬物についての解説がなされ、第7章では、「時差ぼけが起こるのはなぜ?」「腹時計って本当にあるの?」など睡眠に関する13項目の疑問に答えていく。終章では、「なぜ眠るのか?」という問いへの著者の仮説が述べられている。

ひとこと

各章の扉には、著名人の睡眠に関連する言葉が引用されている。シェイクスピアやプルースト、村上春樹もある。ここでは第3章の扉にあるプルーストの言葉を引用してご紹介したい。「睡眠はいわばわれわれの入る第二の部屋であって、われわれは自分の部屋を出てその別室にいくのである。」

下記リンク先を「改訂新版」に変更した(レビューは初版を読んで書いたもの)

初投稿日:2015年02月26日
最終加筆:2017年12月17日

新刊・近刊リスト

新刊・近刊リストは出版社サイトを別ウインドウで開きます

著者案内

著者案内「デイヴィッド・J・リンデン」画像 著者案内「デイヴィッド・イーグルマン」画像 著者案内「井ノ口馨」画像 著者案内「櫻井武」画像 著者案内「多田将」画像 著者案内「リチャード・ドーキンス」画像 著者案内「福岡伸一」画像 「傳田光洋」画像 「マイケル・S.ガザニガ」画像 アントニオ・R・ダマシオ画像 「池谷裕二」画像 joseph ledoux著者案内イメージ 著者案内V.S.ラマチャンドラン画像 著者案内「村山斉」画像 著者案内「大栗博司」画像

テーマ案内

おすすめ本

以前に新刊・近刊としてピックアップしたもの

出版社サイトを別ウインドウで開きます