進化しすぎた脳 ——中高生と語る「大脳生理学」の最前線

書籍情報

【ブルーバックス】
No image
著 者:
池谷裕二
出版社:
講談社
出版年:
2007年1月
定 価:
本体1,000円+税

ライブ感あふれるおもしろさ。神経のしくみもしっかりと解説する本格的な脳講義

高校生を相手に行われた脳講義(全4回)。少数の生徒との双方向的なやりとりはライブ感にあふれている。生徒の疑問に答えるかたちで、話題はどんどんふくらむ。意識とは何か、記憶のあいまいさ、アルツハイマーのしくみなど、いくつもの話題が知的な脱線をまじえて展開される。

『進化しすぎた脳』の初刊本は、2004年に朝日出版社より刊行された(第1〜4章までの高校生たちへの講義)。本書ブルーバックス版としての再登場に際して、第5章(著者の所属する研究室のメンバーたちへの講義)が追加された。

「ネズミをラジコンにしてしまった」という論文

脳を刺激して生きたネズミをラジコンのように自在に操縦した、という論文を紹介し、「ネズミの脳を刺激して、人間がネズミの行動をコントロールするには、どうしたらいいと思う?」と生徒たちに問いかける。この話題は、自由意志とは何か、といった話につながっていく。

脳は「宝の持ち腐れ」

たとえば人差し指と中指がつながったまま、4本の指で生まれる人がたまにいる。この場合、脳には5本目の指に対応する場所がない。この指を分離手術すると、5本の指は別々に使えるようになり、脳には5本目の指に対応する場所ができている。

こうした事例をあげ、「脳の地図は脳が決めているのではなくて体が決めている」と述べる。「脳の機能は、体があって生まれる」。脳の潜在的な能力はすごいが、それに比べて人間の体の性能が悪いため、脳は「宝の持ち腐れ」になっているという。脳は「過剰に進化してしまった」という見解が述べられている。

意識と無意識を考える

まず、錯覚や盲点の実験、目の構造の解説などを通して「見る」という行為が「無意識の現象」だと述べる。そのあとで「意識とは何か」を考えていく。著者は意識の最低条件として「表現の選択」「ワーキングメモリ(短期記憶)」「可塑性(過去の記憶)」の三つをあげる。「言葉」は、意識の典型だが、「どこまで自由な意志によって言葉が発せられているか」という点から考えると、「反射」に近い部分もあるという。自由意志、クオリアという、意識を語るうえで欠かせない要素を含めながら、この難題に対する著者の意見が述べられている。

人間の記憶はあいまい

記憶があいまいであることは、「脳の応用力の源」だという。たとえば、「想像」や「創造」ができるのは、「あいまいさ」があるからこそだと。この「あいまいさ」を生みだすもとは、シナプスにあるそうだ。このことを説明するために、神経のしくみを生徒たちの質問に答えながら詳細に解説する。

ひとこと

池谷裕二の著書のなかでもとくに好評。脳の入門書としておすすめ。

初投稿日:2014年10月01日

新刊・近刊リスト

新刊・近刊リストは出版社サイトを別ウインドウで開きます

著者案内

著者案内「井ノ口馨」画像 著者案内「櫻井武」画像 著者案内「多田将」画像 著者案内「リチャード・ドーキンス」画像 著者案内「福岡伸一」画像 「傳田光洋」画像 「マイケル・S.ガザニガ」画像 アントニオ・R・ダマシオ画像 「池谷裕二」画像 joseph ledoux著者案内イメージ 著者案内V.S.ラマチャンドラン画像 著者案内「村山斉」画像 著者案内「大栗博司」画像

テーマ案内

おすすめ本

以前に新刊・近刊としてピックアップしたもの

出版社サイトを別ウインドウで開きます