記憶力を強くする ——最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方

書籍情報

【ブルーバックス】
No image
著 者:
池谷裕二
出版社:
講談社
出版年:
2001年1月
定 価:
本体980円+税

記憶のしくみを分子レベルで解説し、記憶力を高めるアドバイスをする

記憶に深くかかわる脳部位「海馬」の専門家が、細胞レベルや分子レベルで記憶のしくみを解説。海馬の概要解説や記憶の分類からはじめ、神経細胞やシナプスの性質、長期増強(LTP)というように順を追って解説していく。シナプス可塑性がよくわかる。

幼児期の記憶がない理由

生まれたとき、海馬のなかの「歯状回」は未完成だそうだ。歯状回はおもに生まれたあとにつくられ、海馬がほぼ完全な形になるのが2〜3歳くらいと考えられている。このためエピソード記憶ができないという幼児期健忘がおこるという。

なぜ興味をもっていることは覚えやすいのか

覚える対象に興味をもつと、海馬はθ波をつくるそうだ。海馬がこのθ波をだしているとき、長期増強(LTP)が起こりやすくなるという。この長期増強(LTP)が記憶の重要なメカニズムと考えられており、本書では詳しく解説されている。もちろんθ波の説明もあり。

記憶力を高める「魔法の薬」!?

「NMDA受容体にカルシウムイオンが流れやすくなれば、記憶力が増強されるはず」という考えに基づき研究した著者らは、「K90」という物質に注目する。このK90の作用もミクロな視点から解説される。

ひとこと

2001年に刊行されたロングセラー。記憶の脳内メカニズムを知りたい人におすすめの本。専門用語もそれなりにでてくるが、神経回路についての基礎知識が得られるので、他の脳の本を読むときにも役立ちそう。

初投稿日:2014年09月27日

新刊・近刊リスト

新刊・近刊リストは出版社サイトを別ウインドウで開きます

著者案内

著者案内「井ノ口馨」画像 著者案内「櫻井武」画像 著者案内「多田将」画像 著者案内「リチャード・ドーキンス」画像 著者案内「福岡伸一」画像 「傳田光洋」画像 「マイケル・S.ガザニガ」画像 アントニオ・R・ダマシオ画像 「池谷裕二」画像 joseph ledoux著者案内イメージ 著者案内V.S.ラマチャンドラン画像 著者案内「村山斉」画像 著者案内「大栗博司」画像

テーマ案内

おすすめ本

以前に新刊・近刊としてピックアップしたもの

出版社サイトを別ウインドウで開きます