量子革命
著 者:
マンジット・クマール
出版社:
新潮社
書影リンク先Amazon
デカルトの誤り
著 者:
アントニオ・R・ダマシオ
出版社:
筑摩書房
書影リンク先Amazon
生物と無生物のあいだ
著 者:
福岡伸一
出版社:
講談社
書影リンク先Amazon
進化しすぎた脳
著 者:
池谷裕二
出版社:
講談社
書影リンク先Amazon
重力とは何か
著 者:
大栗博司
出版社:
幻冬舎
書影リンク先Amazon
ブラックホール
著 者:
マーシャ・バトゥーシャク
出版社:
地人書館
書影リンク先Amazon

眠れなくなる宇宙のはなし

書籍情報

【宝島SUGOI文庫】
No image
著 者:
佐藤勝彦
出版社:
宝島社
出版年:
2012年12月
【単行本(増補改訂版)】
書影リンク先Amazon
著 者:
佐藤勝彦
出版社:
宝島社
出版年:
2016年10月

古代の宇宙観から最新のブレーン宇宙論まで、やさしく解説。ベストセラーとなった宇宙論入門書が文庫化された

古代インドや古代中国の宇宙観、古代ギリシャや古代ローマの合理的な宇宙観、地動説、ビッグバン宇宙論、インフレーション理論、ブレーン宇宙論など、さまざまな宇宙論をやさしく解説。

本書の特徴は、古代の宇宙観の執筆にも力を入れているところだろうか。とくに古代ギリシャの宇宙観は詳細にとりあげられている。自然哲学の祖とされるタレス、ピタゴラス、プラトン、アリストテレス、地動説を考えたアリスタルコス、地球の歳差運動を発見したヒッパルコス、ほかにもたくさんの人物がとりあげられている。

地動説といえばコペルニクスがまず思い浮かぶが、じつは、「コペルニクスは地動説を自力で思いついたわけではなく、アリスタルコスが唱えていた説を発掘した、「再発見」した」そうだ。

古代のあとは、中世、近代、そして現代へと歴史に沿って、難しい宇宙論をやさしく語っていく。ケプラー、ガリレオ、ニュートン、アインシュタイン、ほかにもたくさんの人物が登場する。

そして宇宙論の変遷を語り終えたあとで、宇宙について想うことが何の役に立つのか、著者の思いが綴られている。

本書の単行本は2008年に刊行された。大好評のベストセラーの文庫版。(2016年に単行本・増補改訂版が出版されている。)

ひとこと

古代の宇宙観も含めて宇宙論の変遷を辿りたい方には、本書がおすすめ。文系の宇宙論入門書として、中学生や高校生などの宇宙論入門書として、おすすめの一冊。古代の宇宙観は不要で、やさしい宇宙論の解説本をお探しなら、宇宙はなぜこんなにうまくできているのか(村山斉)がおすすめ。

初投稿日:2014年11月19日

おすすめ本

著者案内

davidlindenイメージdavideaglemanイメージ著者案内「井ノ口馨」メイン画像著者案内「櫻井武」メイン画像著者案内「多田将」メイン画像著者案内「リチャード・ドーキンス」画像著者案内「福岡伸一」メイン画像「傳田光洋」メイン画像「マイケル・S.ガザニガ」メイン画像「アントニオ・R・ダマシオ」メイン画像「池谷裕二」メイン画像lisarandall-main-imgjoseph ledoux著者案内イメージV.S.ラマチャンドランの本、どれを読むメイン画像著者案内「村山斉」画像著者案内「大栗博司」画像

テーマ案内