これが物理学だ!
著 者:
ウォルター・ルーウィン
出版社:
文藝春秋
No image
デカルトの誤り
著 者:
アントニオ・R・ダマシオ
出版社:
筑摩書房
No image
遺伝子が語る免疫学夜話
著 者:
橋本求
出版社:
晶文社
No image
意識と自己
著 者:
アントニオ・R・ダマシオ
出版社:
講談社
No image
宇宙はなぜ美しいのか
著 者:
村山斉
出版社:
幻冬舎
No image
快感回路
著 者:
デイヴィッド・J・リンデン
出版社:
河出書房新社
No image

宇宙に終わりはあるのか?ーー素粒子が解き明かす宇宙の歴史

書籍情報

【単行本】
No image
著 者:
村山斉
出版社:
ナノオプトニクス・エナジー出版局
出版年:
2010年10月

宇宙の終わりから始まりへと遡っていく。カラー図版のある綺麗な本

いまは大きな宇宙だが、初期宇宙は熱くて小さかった。本書は素粒子物理学の基本を解説しながら、宇宙の終わりから始まりへと遡っていく。タイトルにある「宇宙の終わり」については、あくまで話題のひとつ。カラー図版が多く、レイアウトも綺麗に作られている。著者の講演をもとに構成されたもの。

宇宙の未来は「ビッグリップ」なのか!?

宇宙の膨張は「加速」しているという結論が、データから導かれている。このことから加速膨張をもたらす未知のエネルギーがあると考えられている。これは「暗黒エネルギー」と名づけられ、宇宙の未来のカギを握っているとされる。それはどんな未来なのか。「ビッグリップ」なのか、それとも「泡のようなもの」ができるのか。「もしかしたらアインシュタインが間違っていたのではないか」という人もいるようだ。

暗黒物質が解明されると、宇宙の始まりから100億分の1秒のところまで迫れると期待されている

私たちの宇宙には、見えない未知の重力源があり、「暗黒物質」と呼ばれている。この暗黒物質の正体を探るさまざまな試みがおこなわれている。重力レンズ効果を使って暗黒物質の地図をつくる試みや、XMASS(エックスマス)実験などが紹介されている。暗黒物質は、原始星の誕生や宇宙進化に重要な役割をはたしているようだ。暗黒物質が解明されると、宇宙の始まりから100億分の1秒のところまで迫れると期待されている。

ひとこと

村山斉の他書と比較すると、本書の価格は高めに設定されている。

初投稿日:2014年09月09日

おすすめ本

著者案内

著者案内オリヴァー・サックスの画像「デイヴィッド・J・リンデンの本、どれを読む?」メイン画像「デイヴィッド・イーグルマンの本、どれを読む?」メイン画像「井ノ口馨の本、どれを読む?」メイン画像「櫻井武の本、どれを読む?」メイン画像「多田将の本、どれを読む?」メイン画像「リチャード・ドーキンスの本、どれを読む?」メイン画像「福岡伸一の本、どれを読む?」メイン画像「傳田光洋の本、どれを読む?」メイン画像「マイケル・S.ガザニガの本、どれを読む?」メイン画像「アントニオ・R・ダマシオの本、どれを読む?」メイン画像「池谷裕二の本、どれを読む?」メイン画像「リサ・ランドールの本、どれを読む?」メイン画像「ジョゼフ・ルドゥーの本、どれを読む?」メイン画像「V.S.ラマチャンドランの本、どれを読む?」メイン画像「村山斉の本、どれを読む?」メイン画像「大栗博司の本、どれを読む?」メイン画像

テーマ案内