量子革命
著 者:
マンジット・クマール
出版社:
新潮社
書影リンク先Amazon
デカルトの誤り
著 者:
アントニオ・R・ダマシオ
出版社:
筑摩書房
書影リンク先Amazon
生物と無生物のあいだ
著 者:
福岡伸一
出版社:
講談社
書影リンク先Amazon
進化しすぎた脳
著 者:
池谷裕二
出版社:
講談社
書影リンク先Amazon
重力とは何か
著 者:
大栗博司
出版社:
幻冬舎
書影リンク先Amazon
ブラックホール
著 者:
マーシャ・バトゥーシャク
出版社:
地人書館
書影リンク先Amazon

新版 脳波の旅への誘いーー楽しく学べるわかりやすい脳波入門

書籍情報

【単行本】
書影リンク先Amazon
著 者:
市川忠彦
出版社:
星和書店
出版年:
2006年4月

やさしい解説で好評の脳波入門書

語りかけるような、やさしい解説が好評の「脳波」入門書。1993年の初版刊行以来じわじわと版を重ね、2006年には第2版が刊行された。ロングセラーとなっている脳波入門書。

まず「旅の身仕度」として、脳波とは何か、脳波をどのようにとらえ、どのように見るのか、脳波用語、といった基本を二つの章を割いて解説する。ここでは、人間の体には電気活動があることから説き起こし、基準導出法、双極導出法といった「脳波の記録方法の基本」、脳波判読の例、デルタ波、シータ波、アルファ波、ベータ波などのいくつもの脳波用語を解説する。

第3章から「旅へ出発」する。第5章までのあいだに、掲載された脳波を見ながら、正常脳波、異常脳波、特殊脳波を学ぶ。第6章では脳波賦活法を、第7章ではアーチファクト(「脳波を記録する時に混ざってくる脳波以外の現象」)を解説。最後の章で、コンピュータ断層撮影法(CT)などをとりあげている。

ひとこと

とても丁寧で親切な解説。脳波の基本を学びたい人におすすめ。

初投稿日:2014年11月11日

おすすめ本

著者案内

davidlindenイメージdavideaglemanイメージ著者案内「井ノ口馨」メイン画像著者案内「櫻井武」メイン画像著者案内「多田将」メイン画像著者案内「リチャード・ドーキンス」画像著者案内「福岡伸一」メイン画像「傳田光洋」メイン画像「マイケル・S.ガザニガ」メイン画像「アントニオ・R・ダマシオ」メイン画像「池谷裕二」メイン画像lisarandall-main-imgjoseph ledoux著者案内イメージV.S.ラマチャンドランの本、どれを読むメイン画像著者案内「村山斉」画像著者案内「大栗博司」画像

テーマ案内