知覚の不可思議さを際立たせる「共感覚」

「共感覚」メイン画像

知覚の不可思議さを際立たせる「共感覚」

世界中の多様な生物は、同じ環境に住んでいても、それぞれ異なる独自の世界観をもっているという。わかりやすい事例の一つが、人と犬の世界観の違いだ。人と犬がともに散歩しているとき、鋭い嗅覚をもつ犬の世界は匂いに満ち溢れている。だが、同じ場所を歩いているにもかかわらず、人には犬が感じとっている匂いの世界はわからない。人と犬とでは生物的なしくみが異なるから、その環境において知覚するものも異なる。同じ物理的環境にありながら、人と犬は異なる世界を感じとっている。

生物的なしくみが異なれば、享受している世界は異なる。このことは、人と犬ほどの違いはないが、人と人にも当てはまるようだ。人によって脳の機能には微妙な違いがある。その違いによって、ときに享受するものは大きく変わってしまうらしい。

たとえば、多くの人にとって、音楽は「聴く」ものであり、「見る」ものではない。それは当然のこと、と多くの人が思うにちがいない。ところが、音楽を聴くと、その音を聴くだけでなく、動きと色をもった形を「見る」人がいるという。これは、「色聴」と呼ばれる共感覚だ。それは、あえて喩えるなら花火のようなものらしい。音楽を聴いているあいだ、色のついた形が現れて少しのあいだ動きまわり、やがて消えていく、ということが繰り広げられるそうだ。これは想像ではなく、自動的、不随意的に生じるようだ。

上記の他にも、色のついていない文字や数字に色を感じる、言葉に味を感じる、身体のまわりに曜日が並んでいるのを見る、など、多種多様な共感覚があるという。

「共感覚は異なる知覚の融合である」(『意識は傍観者である』)

「共感覚の大半の定義では、通常の感覚に加えて別の感覚が存在するという点が強調されている」(『カエルの声はなぜ青いのか?』)

共感覚は多種多様なため、定義は難しいようだ。包括的に定義するとすれば、つぎのようなものになるという。

「共感覚とは、引き金となる刺激によって、引き金とは異なる物理的属性ないしは概念的属性の知覚が、自動的、不随意的に、感情をのせて、意識にのぼるかたちで誘発される、遺伝的要素をもつ状態である」(『脳のなかの万華鏡』)

ごく標準的な知覚をもつものにとって、共感覚は信じがたい現象だ。しかし、脳画像や巧妙な実験によって、実在する知覚現象だと考えられているようだ。たとえば脳画像によって、つぎのようなことが明らかにされている。

現代の神経科学によると、さまざまな情報は、さまざまな脳領域で処理されているという。脳画像は、脳の中で活性化している領域を明らかにする。さて、「V4」と呼ばれる領域がある。これは、「色覚」に特化した領域だという。「通常は、V4が活性化されるのは、外界にある実際の色を見たときだけである」(『脳のなかの万華鏡』)。したがって、色のついていない数字を見たとき、通常「V4」は活性化しない。ところが、色のついていない数字に色を感じる共感覚者(書記素―色の共感覚者)では、「V4」が活性化したという。

「この実験には四年を要したが、書記素―色の共感覚者では、色のついていない数字を呈示した場合にも色覚領域のV4が光る(活性化される)という事実を示すことができた」(『脳のなかの天使』)

では、共感覚の生じる原因はどのように考えられているのだろうか。

共感覚は、脳領域どうしの「クロストーク(混信)」によるものと考えられているようだ。おもしろいのは、共感覚者でない人々すなわち大多数の人々の脳にも、「クロストーク」はあるという見解だ。共感覚者とそうでない人の脳の違いは、「クロストークがあるかどうかではなく、どのくらいあるかという程度の違い」(『脳のなかの万華鏡』)だという。つまり、共感覚者の脳では、クロストークが「多い」というのだ。

科学者たちは、共感覚を研究している。その研究の目指すところを、『脳のなかの天使』の著者ラマチャンドランは、つぎのように語っている。

「風変わりなこの現象が、正常な感覚のプロセスをあきらかにするだけでなく、人間の心のもっとも興味深い側面――抽象的思考やメタファーなど――に取り組むための曲がりくねった道に私たちをいざなうものでもあるということがわかってきたのである。それによって、創造性や想像力といった重要な側面の根底にあるかもしれない、人間の脳構造の属性や遺伝的性質が浮き彫りにされる可能性もある」

たしかに共感覚は不可思議な現象だ。だが、共感覚者の知覚だけが不可思議なのではない。誰もが毎日当たり前に行っている、外部世界を知覚することそのものが不可思議なのだ。生物的なしくみが異なれば、享受している世界は異なる。その不可思議さを際立たせているのが共感覚だと捉えたとき、この読書テーマは、誰にとってもおもしろいものになるのではないだろうか。

共感覚の本では、共感覚の観点から創造性やメタファーなどを論じているので、このような話題に興味のある方はとくに楽しめるはず。

下記に、この記事の参考文献をまとめた。ここで取り上げたのは、共感覚者自身の書いた読み物ではなく、神経科学の観点から共感覚を論じている一般向けの科学本。そして著者はみな、共感覚研究の第一人者と呼ばれる科学者たちだ。

神経科学の観点から共感覚を知る書籍

初投稿日:2018年07月10日

新刊・近刊リスト

新刊・近刊リストは出版社サイトを別ウインドウで開きます

著者案内

著者案内「デイヴィッド・J・リンデン」画像 著者案内「デイヴィッド・イーグルマン」画像 著者案内「井ノ口馨」画像 著者案内「櫻井武」画像 著者案内「多田将」画像 著者案内「リチャード・ドーキンス」画像 著者案内「福岡伸一」画像 「傳田光洋」画像 「マイケル・S.ガザニガ」画像 アントニオ・R・ダマシオ画像 「池谷裕二」画像 joseph ledoux著者案内イメージ 著者案内V.S.ラマチャンドラン画像 著者案内「村山斉」画像 著者案内「大栗博司」画像

テーマ案内

おすすめ本

以前に新刊・近刊としてピックアップしたもの

出版社サイトを別ウインドウで開きます