これが物理学だ!
著 者:
ウォルター・ルーウィン
出版社:
文藝春秋
No image
デカルトの誤り
著 者:
アントニオ・R・ダマシオ
出版社:
筑摩書房
No image
遺伝子が語る免疫学夜話
著 者:
橋本求
出版社:
晶文社
No image
意識と自己
著 者:
アントニオ・R・ダマシオ
出版社:
講談社
No image
宇宙はなぜ美しいのか
著 者:
村山斉
出版社:
幻冬舎
No image
快感回路
著 者:
デイヴィッド・J・リンデン
出版社:
河出書房新社
No image

科学本の言葉–34–(デイヴィッド・イーグルマンの言葉)

「あなた自身を知るには、意識のあるあなたは脳という豪邸のなかの小部屋を一つ占有しているだけで、あなたのためにつくられた現実をほとんど制御できないことを、理解しなくてはならない。」――デイヴィッド・イーグルマン

デイヴィッド・イーグルマン(著)
大田直子(訳)

上記の言葉が記されているのは、『意識は傍観者である 脳の知られざる営み』(文庫版の書名は『あなたの知らない脳』)。この本では、私自身の中心は「私の意識」ではないという見解を神経科学のさまざまな研究事例を織り交ぜて伝えている。

普段私たちは、〝私〟という意識が私の行動や思考を決定している、と感じている。ところが、私たちの行動や思考の大半は、「私たちの意識の支配下にはない」とイーグルマンは述べている。私たちの行動や思考の大半は、〝無意識〟によって決められているというのだ。

意識の水面下では、「私の行動」という一つの出力チャネルをめぐり、神経細胞の小集団が争っている。脳のなかには「大勢がいる」

私自身について思いを巡らすとき、私のなかには「大勢がいる」という観点から考えてみるとおもしろいのではないだろうか。

久しぶりに、『意識は傍観者である』を再読したのだが、知っている話題にもかかわらず、おもしろかった。この本はおすすめ本の一つなので、ぜひリンク先も見てほしい。

【単行本】
意識は傍観者である
著 者:
デイヴィッド・イーグルマン
出版社:
早川書房
No image
初投稿日:2018年06月21日最終加筆:2022年12月13日

おすすめ本

著者案内

著者案内オリヴァー・サックスの画像「デイヴィッド・J・リンデンの本、どれを読む?」メイン画像「デイヴィッド・イーグルマンの本、どれを読む?」メイン画像「井ノ口馨の本、どれを読む?」メイン画像「櫻井武の本、どれを読む?」メイン画像「多田将の本、どれを読む?」メイン画像「リチャード・ドーキンスの本、どれを読む?」メイン画像「福岡伸一の本、どれを読む?」メイン画像「傳田光洋の本、どれを読む?」メイン画像「マイケル・S.ガザニガの本、どれを読む?」メイン画像「アントニオ・R・ダマシオの本、どれを読む?」メイン画像「池谷裕二の本、どれを読む?」メイン画像「リサ・ランドールの本、どれを読む?」メイン画像「ジョゼフ・ルドゥーの本、どれを読む?」メイン画像「V.S.ラマチャンドランの本、どれを読む?」メイン画像「村山斉の本、どれを読む?」メイン画像「大栗博司の本、どれを読む?」メイン画像

テーマ案内