これが物理学だ!
著 者:
ウォルター・ルーウィン
出版社:
文藝春秋
No image
デカルトの誤り
著 者:
アントニオ・R・ダマシオ
出版社:
筑摩書房
No image
遺伝子が語る免疫学夜話
著 者:
橋本求
出版社:
晶文社
No image
意識と自己
著 者:
アントニオ・R・ダマシオ
出版社:
講談社
No image
宇宙はなぜ美しいのか
著 者:
村山斉
出版社:
幻冬舎
No image
快感回路
著 者:
デイヴィッド・J・リンデン
出版社:
河出書房新社
No image

科学本の言葉–17–(傳田光洋の言葉)

「眼で見た世界では説明がつかないことが、皮膚から考えると理解できる。皮膚が見る世界に思いをはせ、皮膚が語ることに耳を傾けることが、今の私たちに必要だと信じます。」――傳田光洋

傳田光洋(著)

上記の言葉が記されているのは、『第三の脳 皮膚から考える命、こころ、世界』。この本の第三章で、「皮膚も脳である。言わば第三の脳だ」と、著者・傳田光洋は「宣言」する。

私は、とくに第六章がおもしろかった。

第六章では、まず、皮膚の進化から語りはじめ、ヒトはなぜ体毛を失ったのかなどを述べる。そして、傳田光洋は皮膚の定義を、「生命と環境との物理的境界が皮膚である」と拡張し、「境界としての皮膚」を論じる。そこから生命とは何かという壮大なテーマへと論考は進む。その軸となるのが、「開放系の熱力学」。因果律に疑問を投げかける大胆な論考だ。そして、これまでの章の知見を統合して、「皮膚が見る世界」を語る。そして最後にこう述べた。

「眼で見た世界では説明がつかないことが、皮膚から考えると理解できる。皮膚が見る世界に思いをはせ、皮膚が語ることに耳を傾けることが、今の私たちに必要だと信じます」

第三の脳
著 者:
傳田光洋
出版社:
朝日出版社
No image
初投稿日:2017年01月20日最終加筆:2017年09月10日

おすすめ本

著者案内

著者案内オリヴァー・サックスの画像「デイヴィッド・J・リンデンの本、どれを読む?」メイン画像「デイヴィッド・イーグルマンの本、どれを読む?」メイン画像「井ノ口馨の本、どれを読む?」メイン画像「櫻井武の本、どれを読む?」メイン画像「多田将の本、どれを読む?」メイン画像「リチャード・ドーキンスの本、どれを読む?」メイン画像「福岡伸一の本、どれを読む?」メイン画像「傳田光洋の本、どれを読む?」メイン画像「マイケル・S.ガザニガの本、どれを読む?」メイン画像「アントニオ・R・ダマシオの本、どれを読む?」メイン画像「池谷裕二の本、どれを読む?」メイン画像「リサ・ランドールの本、どれを読む?」メイン画像「ジョゼフ・ルドゥーの本、どれを読む?」メイン画像「V.S.ラマチャンドランの本、どれを読む?」メイン画像「村山斉の本、どれを読む?」メイン画像「大栗博司の本、どれを読む?」メイン画像

テーマ案内