量子革命
著 者:
マンジット・クマール
出版社:
新潮社
書影リンク先Amazon
デカルトの誤り
著 者:
アントニオ・R・ダマシオ
出版社:
筑摩書房
書影リンク先Amazon
生物と無生物のあいだ
著 者:
福岡伸一
出版社:
講談社
書影リンク先Amazon
進化しすぎた脳
著 者:
池谷裕二
出版社:
講談社
書影リンク先Amazon
重力とは何か
著 者:
大栗博司
出版社:
幻冬舎
書影リンク先Amazon
ブラックホール
著 者:
マーシャ・バトゥーシャク
出版社:
地人書館
書影リンク先Amazon

科学本の言葉–14–(レオナルド・サスキンドの言葉)

「ほぼ間違いなく、私たちはとんでもなく見当違いな描像を持ってまだ混乱している初心者である。そして究極的な実在はまだ私たちの理解のはるかかなたにある。昔の地図製作者が使った「未知の土地」という言葉が心に浮かぶ。発見すればするほど、知っていると思っていることが少なくなる。物理学とはそういうものなのである。」――レオナルド・サスキンド

レオナルド・サスキンド(著)
林田陽子(訳)

上記の言葉が記されているのは、『ブラックホール戦争 スティーヴン・ホーキングとの20年越しの闘い』。この本は、ブラックホールとは何か、ブラックホールの蒸発とは何か、情報とは何か、エントロピーとは何かを丁寧に解説し、また、一般相対性理論、量子力学、ひも理論のエッセンスを述べ、「ブラックホールに吸い込まれる情報の運命に関する20年以上の知的戦争」を語り尽くした一冊。

「物理学のもっとも大きな進歩は、深く信頼されている原理同士の衝突を思考実験によって解明することで達成されてきた」という。「ブラックホール戦争」も、深く信頼されている物理学原理同士の衝突だったそうだ。著者レオナルド・サスキンドは、つぎのように記している。

「それはアイデアの戦争、すなわち基本原理の間の戦争だった。量子力学の原理と一般相対性理論の原理は常に戦っているように思われた。それらが共存できるかどうかわからなかった」

その「基本原理の間の戦争」について語り続けた本書の、最終章の結びの言葉が、上記の言葉だ。(この後に「エピローグ」がある)

『ブラックホール戦争』は、「ブラックホールの情報問題」に興味がある方をはじめ、ブラックホール、一般相対性理論、量子力学、超弦理論(超ひも理論)、これらに興味をもって読書をしてきた方に、おすすめの本だ。

ブラックホール戦争
著 者:
レオナルド・サスキンド
出版社:
日経BP社
No image
初投稿日:2017年01月05日最終加筆:2017年09月07日

おすすめ本

著者案内

davidlindenイメージdavideaglemanイメージ著者案内「井ノ口馨」メイン画像著者案内「櫻井武」メイン画像著者案内「多田将」メイン画像著者案内「リチャード・ドーキンス」画像著者案内「福岡伸一」メイン画像「傳田光洋」メイン画像「マイケル・S.ガザニガ」メイン画像「アントニオ・R・ダマシオ」メイン画像「池谷裕二」メイン画像lisarandall-main-imgjoseph ledoux著者案内イメージV.S.ラマチャンドランの本、どれを読むメイン画像著者案内「村山斉」画像著者案内「大栗博司」画像

テーマ案内