量子革命
著 者:
マンジット・クマール
出版社:
新潮社
書影リンク先Amazon
デカルトの誤り
著 者:
アントニオ・R・ダマシオ
出版社:
筑摩書房
書影リンク先Amazon
生物と無生物のあいだ
著 者:
福岡伸一
出版社:
講談社
書影リンク先Amazon
進化しすぎた脳
著 者:
池谷裕二
出版社:
講談社
書影リンク先Amazon
重力とは何か
著 者:
大栗博司
出版社:
幻冬舎
書影リンク先Amazon
ブラックホール
著 者:
マーシャ・バトゥーシャク
出版社:
地人書館
書影リンク先Amazon

科学本の言葉–11–(村上春樹の言葉)

「夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです。」――村上春樹

櫻井武(著)

上記の言葉が記されているのは、『睡眠の科学 なぜ眠るのかなぜ目覚めるのか』。この本は、睡眠と覚醒の脳内メカニズムを解説したもの。

睡眠には、大別すると、「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」がある。この二つの状態は、大きく異なっているらしい。覚醒と睡眠はまったく異なる状態だが、それと同じくらい「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」の状態は異なっているという。

睡眠を客観的に観察するとき、生理学的な重要な指標が「脳波」だそうだ。そして、「レム睡眠」のときの脳波は、覚醒時と似ている。『睡眠の科学』では、つぎのように記している。

「レム睡眠時の大脳皮質は覚醒時と同等か、あるいはそれ以上に活動しているため、脳波は覚醒時と非常によく似た、低振幅の速波である」。ただし、「身体と脳の間の情報交換をカットした状態」だそうだ。

「覚醒」「ノンレム睡眠」「レム睡眠」の違いを、 『睡眠の科学』では、 こう喩えている。「それはちょうど、コンピューターがオンでインターネットにもつながれている状態(覚醒)、スリープモードの状態(ノンレム睡眠)、そしてオフラインで使っている状態(レム睡眠)の3つにあたると考えてよい」と。

そして私たちは、「レム睡眠」のときに、あの鮮やかで奇妙な夢を見ているらしい。

ヒトは眠ると、通常ではまず「ノンレム睡眠」に入る。ノンレム睡眠にはいくつかの段階がある。しばらくすると「レム睡眠」に入り、あの鮮やかで奇妙な夢を見る。2つの状態を何回か繰り返し、朝、私たちは目覚める。

「夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです。」

「覚醒」に入った私たちは、今度は、現実と呼ぶこの鮮やかで不可思議な夢を見る。

そして、ふたたび「ノンレム睡眠」に入る。このようなことを繰り返し、いつか、大いなる眠りに入る。

『睡眠の科学 なぜ眠るのかなぜ目覚めるのか』の各章の扉には、その章題とともに睡眠にまつわる言葉が置かれている。上記の村上春樹の言葉は、第5章の扉にある。

【ブルーバックス】
睡眠の科学
著 者:
櫻井武
出版社:
講談社
No image
初投稿日:2016年08月29日最終加筆:2017年09月23日

おすすめ本

著者案内

davidlindenイメージdavideaglemanイメージ著者案内「井ノ口馨」メイン画像著者案内「櫻井武」メイン画像著者案内「多田将」メイン画像著者案内「リチャード・ドーキンス」画像著者案内「福岡伸一」メイン画像「傳田光洋」メイン画像「マイケル・S.ガザニガ」メイン画像「アントニオ・R・ダマシオ」メイン画像「池谷裕二」メイン画像lisarandall-main-imgjoseph ledoux著者案内イメージV.S.ラマチャンドランの本、どれを読むメイン画像著者案内「村山斉」画像著者案内「大栗博司」画像

テーマ案内