相対性理論の〝やさしい〟入門書をお探しの方におすすめの本

「相対性理論」を楽しむ本

監修:佐藤勝彦

本書が刊行されたのは、1998年12月。そして2015年4月で第70刷のロングセラー。この数字を見ると、相対性理論に興味をもち、数式を用いない解説書を探した、多くの人に選ばれてきた本だということがわかる。

もちろん、やさしい入門書とはいっても、相対性理論そのものの難しさはある。その難しいものを、できる限りやさしく解説しているのが本書だ。

まず、「相対性理論ダイジェスト」を用意して、本書で学ぶポイントを伝える。そのあとで、特殊相対性理論、一般相対性理論をじっくりと解説していく。その際に、各章に押さえるべきポイントをあげている。この配慮は親切だ。

「アインシュタインの生涯」と「現代宇宙論」も盛り込み、価格は約500円という安さ。相対性理論の世界をちょっと覗いてみたい、そんな気持ちに応えてくれる一冊だ。

初投稿日:2015年12月29日

新刊・近刊リスト

新刊・近刊リストは出版社サイトを別ウインドウで開きます

著者案内

著者案内「デイヴィッド・J・リンデン」画像 著者案内「デイヴィッド・イーグルマン」画像 著者案内「井ノ口馨」画像 著者案内「櫻井武」画像 著者案内「多田将」画像 著者案内「リチャード・ドーキンス」画像 著者案内「福岡伸一」画像 「傳田光洋」画像 「マイケル・S.ガザニガ」画像 アントニオ・R・ダマシオ画像 「池谷裕二」画像 joseph ledoux著者案内イメージ 著者案内V.S.ラマチャンドラン画像 著者案内「村山斉」画像 著者案内「大栗博司」画像

テーマ案内

おすすめ本

以前に新刊・近刊としてピックアップしたもの

出版社サイトを別ウインドウで開きます