脳の適応力のすごさ、潜在力、不可思議さを感じたい、物語が好きな方におすすめの本

火星の人類学者 脳神経科医と7人の奇妙な患者

著者:オリヴァー・サックス

脳神経科医オリヴァー・サックスの傑作。単行本が刊行されたのは、1997年。ずっと読み継がれてきた名作だ。

この本は、神経科学的な記述は少なめで、人物描写に力が注がれている。その人物描写を通して、脳の適応力のすごさ、潜在力、不可思議さが浮き彫りにされている。

NDC分類は、「医学」ではなく、「英米文学/記録、手記、ルポルタージュ」。科学書というよりは、物語だ。脳の障害の怖さを感じると同時に、脳の適応力と潜在力のすごさを感じる、そんな物語だ。

物語なので、誰でも気楽に読むことができる。神経科学的な記述も出てくるが、少なめなので、その知識をもっていなくても読むことができると思う。というよりも、物語に引き込まれて読み進めてしまうのではないだろうか。きっと読み終えたときには、脳の不可思議さと、いくつかの脳科学の知見に触れたことによって、もっと脳のことを知りたくなっている。読者を脳科学の入門書へと誘う、読ませる物語だ。

では、どんな物語なのか。著者オリヴァー・サックスは、つぎのように記している。

「これからお話しするのは、思いがけない躓きを経験した生命体、そして人間の精神についての七つの物語である」

「これは、変化した、それも極端に変化した状況のもとで生き延びたひとたちの物語である。彼らが生き延びられたのは、人間がもつすばらしい(だが、ときには危険な)再構築と適応の能力のおかげである。……略……。そこにあるのは、脳と「現実」の極端な変化に対する自我の適応であり、さらには自我の変容なのである」

物語の内容については、書評ページを。

初投稿日:2017年09月23日

新刊・近刊リスト

新刊・近刊リストは出版社サイトを別ウインドウで開きます

著者案内

著者案内「デイヴィッド・J・リンデン」画像 著者案内「デイヴィッド・イーグルマン」画像 著者案内「井ノ口馨」画像 著者案内「櫻井武」画像 著者案内「多田将」画像 著者案内「リチャード・ドーキンス」画像 著者案内「福岡伸一」画像 「傳田光洋」画像 「マイケル・S.ガザニガ」画像 アントニオ・R・ダマシオ画像 「池谷裕二」画像 joseph ledoux著者案内イメージ 著者案内V.S.ラマチャンドラン画像 著者案内「村山斉」画像 著者案内「大栗博司」画像

テーマ案内

おすすめ本

以前に新刊・近刊としてピックアップしたもの

出版社サイトを別ウインドウで開きます