量子革命
著 者:
マンジット・クマール
出版社:
新潮社
書影リンク先Amazon
デカルトの誤り
著 者:
アントニオ・R・ダマシオ
出版社:
筑摩書房
書影リンク先Amazon
生物と無生物のあいだ
著 者:
福岡伸一
出版社:
講談社
書影リンク先Amazon
進化しすぎた脳
著 者:
池谷裕二
出版社:
講談社
書影リンク先Amazon
重力とは何か
著 者:
大栗博司
出版社:
幻冬舎
書影リンク先Amazon
ブラックホール
著 者:
マーシャ・バトゥーシャク
出版社:
地人書館
書影リンク先Amazon

科学本の言葉–38–(ガリレオ・ガリレイの言葉)

「味、におい、色などは意識の中だけに存在する。だから、もし生物が存在しなければ、そのような感覚はすべて消えてなくなるであろう。」――ガリレオ・ガリレイ

上記の言葉が記されているのは、『「こころ」はいかにして生まれるのか 最新脳科学で解き明かす「情動」』。著者・櫻井武は、「こころ」を「行動選択のためのメカニズム」と位置づけて論じている。

本書をとおして、脳の基本的なこと、情動と感情、記憶、報酬系、「こころ」の機能に強く影響を及ぼす脳内物質、など、さまざまな知見に触れることができる。

ここで紹介したガリレオ・ガリレイの言葉は、第1章に登場する。第1章では、読者に脳の不思議を感じさせながら、脳の基本的なことを解説している。基本から解説しているので、〝脳の本をまったく読んだことがない方で、こころ、意識、感情、といった目に見えないものを脳科学にもとづいて考えてみたい方〟の入門書としてもおすすめできる。ただし、脳部位などの専門用語が出てくる本格的な入門書(もちろん一般書レベル)

本書『「こころ」はいかにして生まれるのか』は、『「こころ」の脳科学の基礎知識を〝要領よく〟得たい方におすすめの本』。本書の内容については書評ページを。

「こころ」はいかにして生まれるのか
著 者:
櫻井武
出版社:
講談社
書影リンク先Amazon
初投稿日:2019年03月26日

おすすめ本

著者案内

davidlindenイメージdavideaglemanイメージ著者案内「井ノ口馨」メイン画像著者案内「櫻井武」メイン画像著者案内「多田将」メイン画像著者案内「リチャード・ドーキンス」画像著者案内「福岡伸一」メイン画像「傳田光洋」メイン画像「マイケル・S.ガザニガ」メイン画像「アントニオ・R・ダマシオ」メイン画像「池谷裕二」メイン画像lisarandall-main-imgjoseph ledoux著者案内イメージV.S.ラマチャンドランの本、どれを読むメイン画像著者案内「村山斉」画像著者案内「大栗博司」画像

テーマ案内