量子革命
著 者:
マンジット・クマール
出版社:
新潮社
書影リンク先Amazon
デカルトの誤り
著 者:
アントニオ・R・ダマシオ
出版社:
筑摩書房
書影リンク先Amazon
生物と無生物のあいだ
著 者:
福岡伸一
出版社:
講談社
書影リンク先Amazon
進化しすぎた脳
著 者:
池谷裕二
出版社:
講談社
書影リンク先Amazon
重力とは何か
著 者:
大栗博司
出版社:
幻冬舎
書影リンク先Amazon
ブラックホール
著 者:
マーシャ・バトゥーシャク
出版社:
地人書館
書影リンク先Amazon

科学本の言葉–35–(アントニオ・R・ダマシオの言葉)

「われわれの自己感は、風雪に耐える石のようなものに彫り込まれているわけではない。われわれの自己感は、有機体の一つの状態だ。」――アントニオ・R・ダマシオ

アントニオ・R・ダマシオ(著)
田中三彦(訳)

上記の言葉が記されているのは、『無意識の脳 自己意識の脳』(文庫版の書名は『意識と自己』)

自己感は、刻一刻、再構築されているという。

アントニオ・R・ダマシオは、意識を「中核意識(core consciousness)」と「延長意識(extended consciousness)」の2つに分けて論じている。そして、中核意識にともなうものを「中核自己(core self)」、延長意識にともなうものを「自伝的自己(autobiographical self)」と名づけている。

中核意識は、「いま・ここ」という瞬間的なもので、パルスの形で生み出されているという。この中核意識を基盤として延長意識が構築される。延長意識は、過去から未来へと時間的な広がりをもつとしている。

では、意識はどのように構築されるのか。そのことを論じたおもしろい一冊『無意識の脳 自己意識の脳』が、2018年6月に文庫化され、『意識と自己』という書名で再登場している。

【単行本】
無意識の脳 自己意識の脳
著 者:
アントニオ・R・ダマシオ
出版社:
講談社
No image
初投稿日:2018年08月06日

おすすめ本

著者案内

davidlindenイメージdavideaglemanイメージ著者案内「井ノ口馨」メイン画像著者案内「櫻井武」メイン画像著者案内「多田将」メイン画像著者案内「リチャード・ドーキンス」画像著者案内「福岡伸一」メイン画像「傳田光洋」メイン画像「マイケル・S.ガザニガ」メイン画像「アントニオ・R・ダマシオ」メイン画像「池谷裕二」メイン画像lisarandall-main-imgjoseph ledoux著者案内イメージV.S.ラマチャンドランの本、どれを読むメイン画像著者案内「村山斉」画像著者案内「大栗博司」画像

テーマ案内