これが物理学だ!
著 者:
ウォルター・ルーウィン
出版社:
文藝春秋
No image
デカルトの誤り
著 者:
アントニオ・R・ダマシオ
出版社:
筑摩書房
No image
遺伝子が語る免疫学夜話
著 者:
橋本求
出版社:
晶文社
No image
意識と自己
著 者:
アントニオ・R・ダマシオ
出版社:
講談社
No image
宇宙はなぜ美しいのか
著 者:
村山斉
出版社:
幻冬舎
No image
快感回路
著 者:
デイヴィッド・J・リンデン
出版社:
河出書房新社
No image

科学本の言葉–28–(池谷裕二の言葉)

「もう一歩突き詰めて考えると、記憶があいまいだから、いままで思いもよらなかった別々の記憶がポンとつながったりもするわけだ。これは「ソウゾウ」そのものなんじゃないのかな。「ソウゾウ」というのは両方の意味ね、イマジネーション(想像)もそうだけれども、新しいものをクリエイト(創造)するのも、いま自分が蓄えている記憶が、あるときふとつながったり、何かのきっかけで結びついたりしてできるんだよね。それは新しい記憶[傍点:新しい記憶]だよね。こういうのも「あいまいさ」があるからこそできることじゃないかな。」――池谷裕二

池谷裕二(著)

上記の言葉が記されているのは、『進化しすぎた脳 中高生と語る「大脳生理学」の最前線』。この本は、高校生を相手に行われた脳講義(全4回)。少数の生徒との双方向的なやりとりはライブ感にあふれている。生徒の疑問に答えるかたちで、話題はどんどんふくらむ。意識とは何か、記憶のあいまいさ、アルツハイマーのしくみなど、いくつもの話題が知的な脱線をまじえて展開される。

記憶の「あいまいさ」は、3回目の講義(第三章)の主題だ。

では、人の記憶があいまいなのはなぜか。その理由は、シナプスにあるという。このことを説明するために、『進化しすぎた脳』では、神経のしくみを生徒たちの質問に答えながら詳細に解説している。この本は、読み物としておもしろいだけでなく、脳の基本を「学べる」本でもあるのだ。

私は、一般向けの脳の入門書として、『進化しすぎた脳』をおすすめしている。高校生以下の脳の入門書としては、決定版と言えそうだ。

進化しすぎた脳
著 者:
池谷裕二
出版社:
講談社
No image
初投稿日:2017年06月04日最終加筆:2017年09月19日

おすすめ本

著者案内

著者案内オリヴァー・サックスの画像「デイヴィッド・J・リンデンの本、どれを読む?」メイン画像「デイヴィッド・イーグルマンの本、どれを読む?」メイン画像「井ノ口馨の本、どれを読む?」メイン画像「櫻井武の本、どれを読む?」メイン画像「多田将の本、どれを読む?」メイン画像「リチャード・ドーキンスの本、どれを読む?」メイン画像「福岡伸一の本、どれを読む?」メイン画像「傳田光洋の本、どれを読む?」メイン画像「マイケル・S.ガザニガの本、どれを読む?」メイン画像「アントニオ・R・ダマシオの本、どれを読む?」メイン画像「池谷裕二の本、どれを読む?」メイン画像「リサ・ランドールの本、どれを読む?」メイン画像「ジョゼフ・ルドゥーの本、どれを読む?」メイン画像「V.S.ラマチャンドランの本、どれを読む?」メイン画像「村山斉の本、どれを読む?」メイン画像「大栗博司の本、どれを読む?」メイン画像

テーマ案内