これが物理学だ!
著 者:
ウォルター・ルーウィン
出版社:
文藝春秋
No image
デカルトの誤り
著 者:
アントニオ・R・ダマシオ
出版社:
筑摩書房
No image
遺伝子が語る免疫学夜話
著 者:
橋本求
出版社:
晶文社
No image
意識と自己
著 者:
アントニオ・R・ダマシオ
出版社:
講談社
No image
宇宙はなぜ美しいのか
著 者:
村山斉
出版社:
幻冬舎
No image
快感回路
著 者:
デイヴィッド・J・リンデン
出版社:
河出書房新社
No image

科学本の言葉–22–(マーカス・チャウンの言葉)

「宇宙は、なぜ、原子が自分自身に興味を抱く能力を獲得するような構造になっているのだろうか。それは、間違いなく、いまだに解明されていない科学の大きな謎の一つである。」――マーカス・チャウン

マーカス・チャウン(著)
糸川洋(訳)

上記の言葉が記されているのは、『僕らは星のかけら 原子をつくった魔法の炉を探して』。この本は、星はどのようにして光り輝いているのか、あまたの元素はどのようにして誕生したのか、その探求を謎解き風の構成で語り尽くした一冊。

エピローグ(約2ページ)では、本書の「長い探求の旅」を振り返り、「好奇心を持った原子」へとつながる壮大な歴史を綴っている。その結びが、上記の言葉。

『僕らは星のかけら』は、好奇心をそそる、壮大な、しかし難解なテーマをやさしく解説した、読ませる物語。おすすめの本として紹介しているので、こちらを。内容は書評ページを。

【単行本】
僕らは星のかけら
著 者:
マーカス・チャウン
出版社:
無名舎
No image
初投稿日:2017年02月09日最終加筆:2017年09月11日

おすすめ本

著者案内

著者案内オリヴァー・サックスの画像「デイヴィッド・J・リンデンの本、どれを読む?」メイン画像「デイヴィッド・イーグルマンの本、どれを読む?」メイン画像「井ノ口馨の本、どれを読む?」メイン画像「櫻井武の本、どれを読む?」メイン画像「多田将の本、どれを読む?」メイン画像「リチャード・ドーキンスの本、どれを読む?」メイン画像「福岡伸一の本、どれを読む?」メイン画像「傳田光洋の本、どれを読む?」メイン画像「マイケル・S.ガザニガの本、どれを読む?」メイン画像「アントニオ・R・ダマシオの本、どれを読む?」メイン画像「池谷裕二の本、どれを読む?」メイン画像「リサ・ランドールの本、どれを読む?」メイン画像「ジョゼフ・ルドゥーの本、どれを読む?」メイン画像「V.S.ラマチャンドランの本、どれを読む?」メイン画像「村山斉の本、どれを読む?」メイン画像「大栗博司の本、どれを読む?」メイン画像

テーマ案内