これが物理学だ!
著 者:
ウォルター・ルーウィン
出版社:
文藝春秋
書影リンク先Amazon
デカルトの誤り
著 者:
アントニオ・R・ダマシオ
出版社:
筑摩書房
書影リンク先Amazon
ミラーニューロン
著 者:
ジャコモ・リゾラッティ/コラド・シニガリア
出版社:
紀伊國屋書店
書影リンク先Amazon
意識と自己
著 者:
アントニオ・R・ダマシオ
出版社:
講談社
書影リンク先Amazon
物理学者のすごい思考法
著 者:
橋本幸士
出版社:
集英社インターナショナル
書影リンク先Amazon
量子革命
著 者:
マンジット・クマール
出版社:
新潮社
書影リンク先Amazon

科学本の言葉–13–(ジョン・ホイーラーの言葉)

「私に必要なSFはすべて、すぐそこ、目の前にある」――ジョン・ホイーラー

マーシャ・バトゥーシャク(著)
山田陽志郎(訳)

上記の言葉が記されているのは、『ブラックホール アイデアの誕生から観測へ』。この本は、ブラックホール研究史にその名を刻む〝あまたの科学者〟の研究エピソードを、その人物像を丹念に描きながら紹介したもの。

ジョン・ホイーラーは、ブラックホール研究の黄金時代を築いた指導者の一人だ。

ある質量を超えた重い星は、その最期に崩壊して、ブラックホールになる。このような奇妙な概念は、長い間、受け入れられなかった。

「ブラックホールは長い間、非常に空想じみたものだった」と本書はいう。「ジョン・ホイーラーはかつて、自分は決してSFは読まないと言っていた。「私に必要なSFはすべて、すぐそこ、目の前にある」。まさにそのとおりだった」と、著者マーシャ・バトゥーシャクは、エピローグで綴っている。

『ブラックホール アイデアの誕生から観測へ』は、ブラックホールという奇妙な概念が生まれ、否定され、受け入れられるまでの長い道のりを、適度なボリューム(本文221ページ)で巧みに描き出した一冊だ。

ブラックホール
著 者:
マーシャ・バトゥーシャク
出版社:
地人書館
書影リンク先Amazon
初投稿日:2016年11月25日最終加筆:2017年09月07日

おすすめ本

著者案内

著者案内オリヴァー・サックスの画像「デイヴィッド・J・リンデンの本、どれを読む?」メイン画像「デイヴィッド・イーグルマンの本、どれを読む?」メイン画像「井ノ口馨の本、どれを読む?」メイン画像「櫻井武の本、どれを読む?」メイン画像「多田将の本、どれを読む?」メイン画像「リチャード・ドーキンスの本、どれを読む?」メイン画像「福岡伸一の本、どれを読む?」メイン画像「傳田光洋の本、どれを読む?」メイン画像「マイケル・S.ガザニガの本、どれを読む?」メイン画像「アントニオ・R・ダマシオの本、どれを読む?」メイン画像「池谷裕二の本、どれを読む?」メイン画像「リサ・ランドールの本、どれを読む?」メイン画像「ジョゼフ・ルドゥーの本、どれを読む?」メイン画像「V.S.ラマチャンドランの本、どれを読む?」メイン画像「村山斉の本、どれを読む?」メイン画像「大栗博司の本、どれを読む?」メイン画像

テーマ案内