量子革命
著 者:
マンジット・クマール
出版社:
新潮社
書影リンク先Amazon
デカルトの誤り
著 者:
アントニオ・R・ダマシオ
出版社:
筑摩書房
書影リンク先Amazon
生物と無生物のあいだ
著 者:
福岡伸一
出版社:
講談社
書影リンク先Amazon
進化しすぎた脳
著 者:
池谷裕二
出版社:
講談社
書影リンク先Amazon
重力とは何か
著 者:
大栗博司
出版社:
幻冬舎
書影リンク先Amazon
ブラックホール
著 者:
マーシャ・バトゥーシャク
出版社:
地人書館
書影リンク先Amazon

宇宙は本当にひとつなのかーー最新宇宙論入門

書籍情報

【ブルーバックス】
書影リンク先Amazon
著 者:
村山斉
出版社:
講談社
出版年:
2011年7月

宇宙の約96%は、未知の暗黒物質と暗黒エネルギー。本書の主役は暗黒物質

現在の宇宙研究によれば、宇宙の約96%は未知の暗黒物質と暗黒エネルギーで、私たちの知る原子は約4%だそうだ。本書は、太陽系や銀河の話題から多次元宇宙(宇宙はひとつで余剰次元がある)や多元宇宙(宇宙は複数/マルチバース)の話題まで幅広くとりあげている。

タイトルからはマルチバースの本のように思えるが、これはあくまで話題のひとつで、本書の主役は暗黒物質(ダークマター)。著者の4つの講演がもとになっている。

(約96%、約4%という数字は本書内容に基づく)

暗黒物質は「宇宙のゲノム」

宇宙初期につくられた暗黒物質は、星や銀河を生み出すもとになったと考えられている。この正体の解明により、宇宙誕生から100億分の1秒後の姿に迫ることができるという。重力レンズ効果を使って、暗黒物質の地図がつくられており、この地図をさらに詳細にする「すみれ計画(SuMIRe)」も進行中のようだ。ほかにも神岡鉱山の地下で行われているXMASS実験など、暗黒物質の正体に迫る観測や実験が紹介されている。

重力は異次元に滲みでている!? 暗黒物質は異次元を運動している!?

目に見えない次元(余剰次元)は、いま大真面目に議論されている。この余剰次元は「力の統一理論」を完成させるために考えられるようになったそうだ。多次元宇宙を考えると、重力が「弱い」ことをうまく説明できるという。こうした異次元を探る実験も提案されているようだ。重力は異次元に滲みでているのか? 暗黒物質は異次元を運動しているのか? 超ひも理論が予言するように宇宙は10次元なのか? 多元宇宙(マルチバース)の話題もある。

ひとこと

マルチバースについてはごくわずか。暗黒物質(ダークマター)のことがよくわかる本。

初投稿日:2014年09月11日

おすすめ本

著者案内

davidlindenイメージdavideaglemanイメージ著者案内「井ノ口馨」メイン画像著者案内「櫻井武」メイン画像著者案内「多田将」メイン画像著者案内「リチャード・ドーキンス」画像著者案内「福岡伸一」メイン画像「傳田光洋」メイン画像「マイケル・S.ガザニガ」メイン画像「アントニオ・R・ダマシオ」メイン画像「池谷裕二」メイン画像lisarandall-main-imgjoseph ledoux著者案内イメージV.S.ラマチャンドランの本、どれを読むメイン画像著者案内「村山斉」画像著者案内「大栗博司」画像

テーマ案内