これが物理学だ!
著 者:
ウォルター・ルーウィン
出版社:
文藝春秋
No image
デカルトの誤り
著 者:
アントニオ・R・ダマシオ
出版社:
筑摩書房
No image
遺伝子が語る免疫学夜話
著 者:
橋本求
出版社:
晶文社
No image
意識と自己
著 者:
アントニオ・R・ダマシオ
出版社:
講談社
No image
宇宙はなぜ美しいのか
著 者:
村山斉
出版社:
幻冬舎
No image
快感回路
著 者:
デイヴィッド・J・リンデン
出版社:
河出書房新社
No image

重力波とアインシュタイン

書籍情報

【単行本】
No image
著 者:
ダニエル・ケネフィック
訳 者:
松浦俊輔
出版社:
青土社
出版年:
2008年8月

重力波研究の歴史。ほぼ専門書

本書は、重力波研究の歴史を、科学者たちが交わした手紙や著者によるインタビューなどをもとに、詳細に描き出した力作。この分野の専門家を目指す学生にとっては有用な本といえるかもしれない。

私は、途中から読み流してしまった。この本は、一般向け書籍ではなく、専門書だと思う。数式による説明ではないが、専門用語が頻出する。

「訳者あとがき」にも、「専門書として書かれたものと言うべきだろうが」とある。訳者は、こう続けている。「それでもこの話は、専門家にとどまらず広く一見する価値のある、(中略)一見しておくべき展開ではないかと思う」と。

「著者のケネフィックは、アメリカのアーカンソー大学客員助教授(物理学)で、アインシュタイン選集の編集にも加わる若手の研究者であり、本書も博士論文や、その準備のための研究が元になった著書である」(「訳者あとがき」より)

ひとこと

専門知識がある人にとってはおもしろい本かも(?)

初投稿日:2016年01月29日

おすすめ本

著者案内

著者案内オリヴァー・サックスの画像「デイヴィッド・J・リンデンの本、どれを読む?」メイン画像「デイヴィッド・イーグルマンの本、どれを読む?」メイン画像「井ノ口馨の本、どれを読む?」メイン画像「櫻井武の本、どれを読む?」メイン画像「多田将の本、どれを読む?」メイン画像「リチャード・ドーキンスの本、どれを読む?」メイン画像「福岡伸一の本、どれを読む?」メイン画像「傳田光洋の本、どれを読む?」メイン画像「マイケル・S.ガザニガの本、どれを読む?」メイン画像「アントニオ・R・ダマシオの本、どれを読む?」メイン画像「池谷裕二の本、どれを読む?」メイン画像「リサ・ランドールの本、どれを読む?」メイン画像「ジョゼフ・ルドゥーの本、どれを読む?」メイン画像「V.S.ラマチャンドランの本、どれを読む?」メイン画像「村山斉の本、どれを読む?」メイン画像「大栗博司の本、どれを読む?」メイン画像

テーマ案内