夢を叶えるために脳はある
著 者:
池谷裕二
出版社:
講談社
No image
進化しすぎた脳
著 者:
池谷裕二
出版社:
講談社
No image
単純な脳、複雑な「私」
著 者:
池谷裕二
出版社:
講談社
No image
遺伝子が語る免疫学夜話
著 者:
橋本求
出版社:
晶文社
No image
これが物理学だ!
著 者:
ウォルター・ルーウィン
出版社:
文藝春秋
No image
快感回路
著 者:
デイヴィッド・J・リンデン
出版社:
河出書房新社
No image

2024年6月に当サイトに追加した書評

2024年6月に追加した書評をまとめてお知らせします。

『「宇宙のすべてを支配する数式」をパパに習ってみた』(橋本幸士)
「この宇宙のすべてはたった一つの数式で書かれている」ことや、この数式にはたくさんの謎があることを伝える。

『免疫・「自己」と「非自己」の科学』(多田富雄)
「NHK人間大学」で著者多田富雄が行なった12回の講義をもとに書かれたもの。免疫学の歴史を交えて、免疫の仕組みを解説する。

『がん免疫療法とは何か』(本庶佑)
「PD-1抗体によるがん免疫療法」など、免疫を中心に生命科学や医療について幅広く論じる。

『幸福感に関する生物学的随想』(本庶佑)
本庶佑の研究の歩みを見渡せる一冊。ノーベル生理学・医学賞受賞記念講演後にノーベル財団に提出した原稿を収録している。

書評は、以上です。

そのほかに、おすすめレビューを2つ書きました。

素粒子物理学の一般書を好んで読んでいる方におすすめの本というレビューでは、上述した『「宇宙のすべてを支配する数式」をパパに習ってみた』(橋本幸士)をおすすめしました。

自己とは何かを免疫学の観点から考えてみたい方におすすめの本というレビューでは、『免疫の意味論』(多田富雄)をおすすめしています。今回ご紹介した『免疫・「自己」と「非自己」の科学』(多田富雄)は、免疫の仕組みの解説のほうに重点が置かれています。「自己」とは何か、「非自己」とは何かといった哲学的な側面にフォーカスしているのは、『免疫の意味論』のほうなので、こちらをおすすめしました。

いま(7月1日現在)読んでいるのは、池谷裕二の『夢を叶えるために脳はある』です。そのうち書評をアップする予定です。

初投稿日:2024年07月02日

おすすめ本

著者案内

「著者案内:本庶佑」の画像「著者案内オリヴァー・サックス」の画像「デイヴィッド・J・リンデンの本、どれを読む?」メイン画像「デイヴィッド・イーグルマンの本、どれを読む?」メイン画像「井ノ口馨の本、どれを読む?」メイン画像「櫻井武の本、どれを読む?」メイン画像「多田将の本、どれを読む?」メイン画像「リチャード・ドーキンスの本、どれを読む?」メイン画像「福岡伸一の本、どれを読む?」メイン画像「傳田光洋の本、どれを読む?」メイン画像「マイケル・S.ガザニガの本、どれを読む?」メイン画像「アントニオ・R・ダマシオの本、どれを読む?」メイン画像「池谷裕二の本、どれを読む?」メイン画像「リサ・ランドールの本、どれを読む?」メイン画像「ジョゼフ・ルドゥーの本、どれを読む?」メイン画像「V.S.ラマチャンドランの本、どれを読む?」メイン画像「村山斉の本、どれを読む?」メイン画像「大栗博司の本、どれを読む?」メイン画像

テーマ案内