これが物理学だ!
著 者:
ウォルター・ルーウィン
出版社:
文藝春秋
No image
デカルトの誤り
著 者:
アントニオ・R・ダマシオ
出版社:
筑摩書房
No image
ミラーニューロン
著 者:
ジャコモ・リゾラッティ/コラド・シニガリア
出版社:
紀伊國屋書店
No image
意識と自己
著 者:
アントニオ・R・ダマシオ
出版社:
講談社
No image
物理学者のすごい思考法
著 者:
橋本幸士
出版社:
集英社インターナショナル
No image
量子革命
著 者:
マンジット・クマール
出版社:
新潮社
No image

『ミラーニューロン』の復刊

初版2009年の『ミラーニューロン』(ジャコモ・リゾラッティ、コラド・シニガリア/紀伊國屋書店)が、10出版社共同復刊「書物復権」によって、2023年5月に新装版として復刊しました。

著者の一人ジャコモ・リゾラッティは、ミラーニューロンの発見者として知られており、本書では、解剖学的・機能的な記述を交えながら、ミラーニューロンの発見とその意味合いを一般向けに詳しく解説しています。

私たち一般がミラーニューロンについてできるだけ正確に知りたいと思ったとき、ぜひ手にとりたい一冊が、その第一人者によって書かれた、本書『ミラーニューロン』です。

ミラーニューロンの何がおもしろいのか、と思われた方は、ミラーニューロンを知るというレビューに目を通していただければと思います。ミラーニューロンの興味深い点をざっくりとまとめています。

「書物復権」による復刊ということですので、やはりミラーニューロンの発見者本人が書いた一般書の絶版は、多くの人に残念に思われていたのだろうと想像します。

ミラーニューロンの発見の価値は、「DNAの発見」になぞらえて語られています。脳科学に興味をもっていて、解剖学的・機能的な記述を交えた本が苦手でなければ、おすすめできる一冊です。未読の方はぜひ書評ページを。

【単行本(新装版)】
ミラーニューロン
著 者:
ジャコモ・リゾラッティ/コラド・シニガリア
出版社:
紀伊國屋書店
No image
初投稿日:2023年07月18日

おすすめ本

著者案内

著者案内オリヴァー・サックスの画像「デイヴィッド・J・リンデンの本、どれを読む?」メイン画像「デイヴィッド・イーグルマンの本、どれを読む?」メイン画像「井ノ口馨の本、どれを読む?」メイン画像「櫻井武の本、どれを読む?」メイン画像「多田将の本、どれを読む?」メイン画像「リチャード・ドーキンスの本、どれを読む?」メイン画像「福岡伸一の本、どれを読む?」メイン画像「傳田光洋の本、どれを読む?」メイン画像「マイケル・S.ガザニガの本、どれを読む?」メイン画像「アントニオ・R・ダマシオの本、どれを読む?」メイン画像「池谷裕二の本、どれを読む?」メイン画像「リサ・ランドールの本、どれを読む?」メイン画像「ジョゼフ・ルドゥーの本、どれを読む?」メイン画像「V.S.ラマチャンドランの本、どれを読む?」メイン画像「村山斉の本、どれを読む?」メイン画像「大栗博司の本、どれを読む?」メイン画像

テーマ案内