これが物理学だ!
著 者:
ウォルター・ルーウィン
出版社:
文藝春秋
No image
デカルトの誤り
著 者:
アントニオ・R・ダマシオ
出版社:
筑摩書房
No image
遺伝子が語る免疫学夜話
著 者:
橋本求
出版社:
晶文社
No image
意識と自己
著 者:
アントニオ・R・ダマシオ
出版社:
講談社
No image
宇宙はなぜ美しいのか
著 者:
村山斉
出版社:
幻冬舎
No image
快感回路
著 者:
デイヴィッド・J・リンデン
出版社:
河出書房新社
No image

2023年5月に当サイトに追加した書評

2023年5月に新たに追加した書評をお知らせします。以下3冊ですが、それぞれの書評ページの見出しとともにご紹介します。

『物理学者のすごい思考法』(橋本幸士)
理論物理学者の日常を垣間見ることができる、さまざまな物理学の知識や考え方に触れられる、読ませるエッセイ集。

『妻を帽子とまちがえた男』(オリヴァー・サックス)
さまざまな奇妙な症状が浮かび上がる、人間味あふれる「患者の物語」(24篇)

『小説みたいに楽しく読める免疫学講義』(小安重夫)
免疫学の知識を見渡せる一冊。

先月に続き、オリヴァー・サックスの本を一冊追加しました。『妻を帽子とまちがえた男』の書評ページにも書きましたが、この本の中の「マドレーヌの手」がとくに印象に残りました。脳と身体の可能性について希望が感じられるような話です。

『物理学者のすごい思考法』もおもしろい本でした。気楽に読めて、さまざまな物理学の知識や考え方に触れられるのが良いです。

『小説みたいに楽しく読める免疫学講義』は、良い学びになりました。免疫学をメインテーマにした本はこの本がはじめてだったので読むのに時間がかかりましたが、有意義な読書時間になりました。

6月も引き続きオリヴァー・サックスの本を読んでいく予定です。

初投稿日:2023年06月06日

おすすめ本

著者案内

著者案内オリヴァー・サックスの画像「デイヴィッド・J・リンデンの本、どれを読む?」メイン画像「デイヴィッド・イーグルマンの本、どれを読む?」メイン画像「井ノ口馨の本、どれを読む?」メイン画像「櫻井武の本、どれを読む?」メイン画像「多田将の本、どれを読む?」メイン画像「リチャード・ドーキンスの本、どれを読む?」メイン画像「福岡伸一の本、どれを読む?」メイン画像「傳田光洋の本、どれを読む?」メイン画像「マイケル・S.ガザニガの本、どれを読む?」メイン画像「アントニオ・R・ダマシオの本、どれを読む?」メイン画像「池谷裕二の本、どれを読む?」メイン画像「リサ・ランドールの本、どれを読む?」メイン画像「ジョゼフ・ルドゥーの本、どれを読む?」メイン画像「V.S.ラマチャンドランの本、どれを読む?」メイン画像「村山斉の本、どれを読む?」メイン画像「大栗博司の本、どれを読む?」メイン画像

テーマ案内