科学本のなかの言葉–36–(アントニオ・R・ダマシオの言葉)

「意識の光は注意深く隠され、神々しいほどに古い。」

――アントニオ・R・ダマシオ

上記の言葉が記されているのは、『無意識の脳 自己意識の脳』(文庫版の書名は『意識と自己』)。本書は、「ソマティック・マーカー仮説」で世界的に知られている神経学者アントニオ・R・ダマシオが、意識とは何か、意識はどのように構築されるのかを、自己に焦点をあて、オリジナルの用語を導入して独創的に描き出したもの。

ダマシオは、意識は進化の過程で生まれ発達してきたもの、と見なしている。そして意識は、進化的に新しい領域よりも、古い領域に強く依存しているという。

『無意識の脳 自己意識の脳』(文庫版『意識と自己』)を読み、上記の言葉の意味することを知ったとき、読者はきっと今よりも「身体」に目を向けるようになるのではないか。脳だけでなく、「身体」を重要視したダマシオの論考がおもしろい。

初投稿日:2018年09月03日

新刊・近刊リスト

新刊・近刊リストは出版社サイトを別ウインドウで開きます

著者案内

著者案内「デイヴィッド・J・リンデン」画像 著者案内「デイヴィッド・イーグルマン」画像 著者案内「井ノ口馨」画像 著者案内「櫻井武」画像 著者案内「多田将」画像 著者案内「リチャード・ドーキンス」画像 著者案内「福岡伸一」画像 「傳田光洋」画像 「マイケル・S.ガザニガ」画像 アントニオ・R・ダマシオ画像 「池谷裕二」画像 joseph ledoux著者案内イメージ 著者案内V.S.ラマチャンドラン画像 著者案内「村山斉」画像 著者案内「大栗博司」画像

テーマ案内

おすすめ本

以前に新刊・近刊としてピックアップしたもの

出版社サイトを別ウインドウで開きます