「原始重力波」とは何か、「Bモード偏光」とは何か、に興味のある方におすすめの本

宇宙背景放射 「ビッグバン以前」の痕跡を探る

著者:羽澄昌史

本書の魅力は、著者の素顔が垣間見える、さまざまなエピソードを盛り込んでいるところ。なかでも、2014年3月にはじまった「原始重力波発見騒動」の顛末を描いているところが、おもしろい。

2014年3月、「原始重力波」を検出したというニュースが世界中を駆け巡った。この発表を行なった「BICEP2(バイセップツー)」は、じつは著者らのライバルグループ。著者・羽澄昌史らも、「原始重力波」の検出を目指している。

ライバルグループの発表前に、著者のもとに研究者仲間からのメールが届く。「不穏な噂」。こんな内容だ。

「BICEP2がr=0.2を発見して(0.02ではなくて!)、来週Natureに発表して記者会見するとかいう恐ろしいウワサが飛び交っていて、週末は悶絶しそうです!!」

このようなメール内容、著者の感情、若い研究員の言葉などを盛り込んだ、臨場感あふれる描写で、「原始重力波発見騒動」を綴っている。そして、このエピソードを描く前に、「原始重力波」とは何か、「Bモード偏光」とは何か、を解説。このトピックが、本書の価値を高めている。

結局のところ、「原始重力波」を検出したという上記ニュースは、「ほぼ間違いであることがわかった」そうだ。すなわち、いまも、「原始重力波」の検出をめぐる競争が行われているわけだ。そのうち、発見のニュースが飛び込んでくるのかもしれない。

初投稿日:2016年01月22日

新刊・近刊リスト

新刊・近刊リストは出版社サイトを別ウインドウで開きます

著者案内

著者案内「デイヴィッド・J・リンデン」画像 著者案内「デイヴィッド・イーグルマン」画像 著者案内「井ノ口馨」画像 著者案内「櫻井武」画像 著者案内「多田将」画像 著者案内「リチャード・ドーキンス」画像 著者案内「福岡伸一」画像 「傳田光洋」画像 「マイケル・S.ガザニガ」画像 アントニオ・R・ダマシオ画像 「池谷裕二」画像 joseph ledoux著者案内イメージ 著者案内V.S.ラマチャンドラン画像 著者案内「村山斉」画像 著者案内「大栗博司」画像

テーマ案内

おすすめ本

以前に新刊・近刊としてピックアップしたもの

出版社サイトを別ウインドウで開きます