物理学のおもしろさに気づく前に苦手になってしまった人におすすめの本

これが物理学だ!

著者:ウォルター・ルーウィン

著者はマサチューセッツ工科大学(MIT)教授。「身を張った実験」をまじえた名物講義はMITのインターネット公開授業のラインナップにも入り、世界中で人気を博している。その講義のテイストが、本書にはたっぷりと詰まっている。

著者の目標は「学生たちに物理学を好きにさせることと、物理の世界を違った角度から見せること」で、その講義では「細かな説明より、美しさやわくわく感のほうを重要視」している。

著者は本書の最後でこんなふうに述べている。「わたしは、学生たちに一本の樹を上り下りさせるのではなく、森を見せる。それはまた、あなたのためにわたしが本書で試みてきたことでもある」

本書の原題は〝For the Love of Physics〟

著者は本当に物理学が好きで、その魅力を、その美しさを伝えることを楽しんでいる。この著者の想いに、きっと多くの読者が感染している。

初投稿日:2014年10月28日

新刊・近刊リスト

新刊・近刊リストは出版社サイトを別ウインドウで開きます

著者案内

著者案内「デイヴィッド・J・リンデン」画像 著者案内「デイヴィッド・イーグルマン」画像 著者案内「井ノ口馨」画像 著者案内「櫻井武」画像 著者案内「多田将」画像 著者案内「リチャード・ドーキンス」画像 著者案内「福岡伸一」画像 「傳田光洋」画像 「マイケル・S.ガザニガ」画像 アントニオ・R・ダマシオ画像 「池谷裕二」画像 joseph ledoux著者案内イメージ 著者案内V.S.ラマチャンドラン画像 著者案内「村山斉」画像 著者案内「大栗博司」画像

テーマ案内

おすすめ本

以前に新刊・近刊としてピックアップしたもの

出版社サイトを別ウインドウで開きます