読書の幅を広げたい小説好きにおすすめの本(1)

生物と無生物のあいだ

著者:福岡伸一

このような方へ。読書習慣があり、とくに小説が好きでよく読んでいる。でももっと読書の幅を広げたい。そうはいっても中学も高校も理系科目は苦手だったし(あるいは今苦手なので)科学本だけはなんとなく敬遠している。

このような方におすすめなのが『生物と無生物のあいだ』。本書は「生命とは何か」という難しいテーマを、叙情的に描き出している。それでいて、DNAやタンパク質にまつわる生物学的知識も得られ、また研究者の世界も垣間見ることができる。読み終えたときには、生命の不思議、繊細さ、巧妙さ、強さ脆さといったものが感じられる。

もしかすると、これまでとは異なる新しい生命観で世界を見るようになるかもしれない。

エピローグは、良質の少年物語のようでもある。そこに描かれている生命の痛みが、余韻のある読後感を生み出している。

初投稿日:2014年10月06日

新刊・近刊リスト

新刊・近刊リストは出版社サイトを別ウインドウで開きます

著者案内

著者案内「デイヴィッド・J・リンデン」画像 著者案内「デイヴィッド・イーグルマン」画像 著者案内「井ノ口馨」画像 著者案内「櫻井武」画像 著者案内「多田将」画像 著者案内「リチャード・ドーキンス」画像 著者案内「福岡伸一」画像 「傳田光洋」画像 「マイケル・S.ガザニガ」画像 アントニオ・R・ダマシオ画像 「池谷裕二」画像 joseph ledoux著者案内イメージ 著者案内V.S.ラマチャンドラン画像 著者案内「村山斉」画像 著者案内「大栗博司」画像

テーマ案内

おすすめ本

以前に新刊・近刊としてピックアップしたもの

出版社サイトを別ウインドウで開きます