共感覚を〝網羅的に〟知りたい方におすすめの本

脳のなかの万華鏡 「共感覚」のめくるめく世界

著者:リチャード・E・サイトウィック/デイヴィッド・M・イーグルマン

曜日に色を感じる、単語に味を感じる、音に色を感じる、味に形を感じる、など、このような不可思議な知覚現象は「共感覚」と呼ばれている。

著者のひとりリチャード・E・サイトウィックは、共感覚研究のパイオニア。本書以前に『共感覚者の驚くべき日常』(草思社/2002年)という本も書いている。その著者名は「リチャード・E・シトーウィック」となっているが、同一人物。

もうひとりの著者デイヴィッド・M・イーグルマンは、外部世界を知覚することの不可思議さや、無意識の広大さについて、おもしろく、わかりやすく伝えてくれる著者で、彼の主要研究テーマの一つが共感覚だ。

その二人がタッグを組んだ本書『脳のなかの万華鏡』は、神経科学の観点から共感覚を知りたいと思った一般読者を深く満足させる一冊。私たち一般が共感覚について〝網羅的に〟知りたいと思ったら、〝本書一冊読むだけで十分〟と言えるような充実した内容だ。

この本では、共感覚者自身の言葉を交えながら、共感覚をもつ芸術家について述べながら、多種多様な共感覚の事例を網羅的に紹介している。そして、共感覚がなぜ生じるのか、共感覚の神経基盤を考察。また、共感覚の観点から、メタファーや創造性についても論じている。

充実した内容なので、ボリュームはある。本文の最後が324ページで、しかも文字はびっしり詰まった感じなので、読書的持久力は必要だと思われる。ボリュームのある本が苦手でない方にのみ、おすすめしたい。

初投稿日:2018年07月01日

新刊・近刊リスト

新刊・近刊リストは出版社サイトを別ウインドウで開きます

著者案内

著者案内「デイヴィッド・J・リンデン」画像 著者案内「デイヴィッド・イーグルマン」画像 著者案内「井ノ口馨」画像 著者案内「櫻井武」画像 著者案内「多田将」画像 著者案内「リチャード・ドーキンス」画像 著者案内「福岡伸一」画像 「傳田光洋」画像 「マイケル・S.ガザニガ」画像 アントニオ・R・ダマシオ画像 「池谷裕二」画像 joseph ledoux著者案内イメージ 著者案内V.S.ラマチャンドラン画像 著者案内「村山斉」画像 著者案内「大栗博司」画像

テーマ案内

おすすめ本

以前に新刊・近刊としてピックアップしたもの

出版社サイトを別ウインドウで開きます