分子生物学の手法や研究者の思考に興味がある方におすすめの本

ミトコンドリア・ミステリー

著者:林純一

書名の「ミステリー」という言葉は、本書の特徴をうまく表している。〝容疑者〟は「ミトコンドリアDNA」。癌や老化の原因がミトコンドリアDNAの突然変異にあるとする説は本当なのか? ミトコンドリアDNAは、有罪なのか冤罪なのか。その判定を下すためにははっきりとした〝証拠〟が必要だ。この〝証拠〟を手にするためには、どのような実験を行えばよいのか。研究者の思考と分子生物学の手法がたっぷりと語られる。それが本書の魅力だ。

著者の素顔が垣間見えるところも読みどころのひとつ。研究者として実験結果を信じて、学界の主流となっている仮説に強い心をもって立ち向かい、またその分野の第一人者と論争を繰り広げる。科学者を志す方にとっても一読の価値がある本ではないだろうか。

本書は、第4章からとくにおもしろくなる。実験の詳細を語られるのが苦手でなければ、おすすめの一冊。

初投稿日:2015年06月27日

新刊・近刊リスト

新刊・近刊リストは出版社サイトを別ウインドウで開きます

著者案内

著者案内「デイヴィッド・J・リンデン」画像 著者案内「デイヴィッド・イーグルマン」画像 著者案内「井ノ口馨」画像 著者案内「櫻井武」画像 著者案内「多田将」画像 著者案内「リチャード・ドーキンス」画像 著者案内「福岡伸一」画像 「傳田光洋」画像 「マイケル・S.ガザニガ」画像 アントニオ・R・ダマシオ画像 「池谷裕二」画像 joseph ledoux著者案内イメージ 著者案内V.S.ラマチャンドラン画像 著者案内「村山斉」画像 著者案内「大栗博司」画像

テーマ案内

おすすめ本

以前に新刊・近刊としてピックアップしたもの

出版社サイトを別ウインドウで開きます