量子革命
著 者:
マンジット・クマール
出版社:
新潮社
書影リンク先Amazon
デカルトの誤り
著 者:
アントニオ・R・ダマシオ
出版社:
筑摩書房
書影リンク先Amazon
生物と無生物のあいだ
著 者:
福岡伸一
出版社:
講談社
書影リンク先Amazon
進化しすぎた脳
著 者:
池谷裕二
出版社:
講談社
書影リンク先Amazon
重力とは何か
著 者:
大栗博司
出版社:
幻冬舎
書影リンク先Amazon
ブラックホール
著 者:
マーシャ・バトゥーシャク
出版社:
地人書館
書影リンク先Amazon

変わらないために変わり続ける

書籍情報

【単行本】
No image
著 者:
福岡伸一
出版社:
文藝春秋
出版年:
2015年4月
【文春文庫】
No image
著 者:
福岡伸一
出版社:
文藝春秋
出版年:
2018年2月

ロックフェラー大学(米国・ニューヨーク市)に留学中の体験を綴ったエッセイ集

「週刊文春」(2013年4月25日号〜2015年1月29日号)の連載エッセイをまとめたもの。著者は、2013年から2015年にかけて、かつて研究修業のために滞在したロックフェラー大学(米国・ニューヨーク市)に留学した。「本書は、この期間にこの街マンハッタンの碁盤目状のマトリクスで体験したあれこれを書き留めた記録」だという。

最初のエッセイは、「ロックフェラー大学への帰還」。ケネディ国際空港への到着からはじまり、街の風景を描写して、そして大学へ。事務室に行くと、係の女性がこう言ったそうだ。「二十五年ぶり? お帰りなさい。懐かしいでしょ」と。臨場感あふれる描写が、読者である私にも時の流れを感じさせてくれる。そんなエッセイから本書ははじまる。

そのあとは、ロックフェラー大学にまつわるエッセイが続く。「ロックフェラー大学は、生命科学に特化した大学院大学なので、卒業式にあたるものは、博士号の学位授与式のみ」だそうだ。「初夏の学位授与式」などの話題がある。

ほかには、「生物学の常識を覆す大事件、パンドラウイルスの発見」の話、記憶にまつわる話、「STAP細胞」にまつわる話、「NY和書事情」、「サンタモニカのかっこいい古書店」、「食」にまつわる話、「マンハッタンで虫捕りはできるか」、「セントラルパークのホタルと桑の葉」、などなど。もちろん、フェルメールの話題も登場する。

ひとこと

(数えたわけではないので印象だが)今回のエッセイ集は、生物学以外の話題も多いような気がした。

初投稿日:2015年11月09日

おすすめ本

著者案内

davidlindenイメージdavideaglemanイメージ著者案内「井ノ口馨」メイン画像著者案内「櫻井武」メイン画像著者案内「多田将」メイン画像著者案内「リチャード・ドーキンス」画像著者案内「福岡伸一」メイン画像「傳田光洋」メイン画像「マイケル・S.ガザニガ」メイン画像「アントニオ・R・ダマシオ」メイン画像「池谷裕二」メイン画像lisarandall-main-imgjoseph ledoux著者案内イメージV.S.ラマチャンドランの本、どれを読むメイン画像著者案内「村山斉」画像著者案内「大栗博司」画像

テーマ案内