量子革命
著 者:
マンジット・クマール
出版社:
新潮社
書影リンク先Amazon
デカルトの誤り
著 者:
アントニオ・R・ダマシオ
出版社:
筑摩書房
書影リンク先Amazon
生物と無生物のあいだ
著 者:
福岡伸一
出版社:
講談社
書影リンク先Amazon
進化しすぎた脳
著 者:
池谷裕二
出版社:
講談社
書影リンク先Amazon
重力とは何か
著 者:
大栗博司
出版社:
幻冬舎
書影リンク先Amazon
ブラックホール
著 者:
マーシャ・バトゥーシャク
出版社:
地人書館
書影リンク先Amazon

科学本の言葉–31–(キップ・S・ソーンの言葉)

「新しいアイデアはしばしば、もっとも奇妙な瞬間、全然予想していない瞬間に訪れる。私はこれは、アイデアは無意識から生まれ、無意識は心の意識的な部分があまり活動していないときに、もっとも効率的に働くためであろう、と推測している。」――キップ・S・ソーン

キップ・S・ソーン(著)
林一/塚原周信(訳)

上記の言葉が記されているのは、『ブラックホールと時空の歪み アインシュタインのとんでもない遺産』。この本は、一般向けのブラックホール解説書の〝バイブル〟といえる一冊。著者キップ・S・ソーンは、ブラックホール研究の「黄金時代」に活躍した物理学者の一人だ。

ソーンは、上記の文章のあとに、その「いい例」を二つ挙げている。

一つは、スティーヴン・ホーキングが「ベッドに入る準備をしているときに行なった、ブラックホールの地平はつねに増大するという発見」

もう一つは、ロジャー・ペンローズの発見。

ペンローズは、友人と並んで歩いていた。道を渡るあいだ、一時的に友人との会話が途絶える。その短い時間にアイデアが浮かんだという。だが、それは、その後の会話のために「心から追い払われてしまった!」。その日、「奇妙な高揚した気分を感じ」ていたペンローズは、「その日自分の心の中に起こったことを片っ端から思い浮かべ」る。そして、そのアイデアに思い当たった。

このようなエピソードを交えながら、ソーンは、ペンローズの特異点定理を解説している。その書き出しが、上記の文章だ。

ブラックホールと時空の歪み
著 者:
キップ・S・ソーン
出版社:
白揚社
書影リンク先Amazon
初投稿日:2017年07月11日最終加筆:2017年09月20日

おすすめ本

著者案内

davidlindenイメージdavideaglemanイメージ著者案内「井ノ口馨」メイン画像著者案内「櫻井武」メイン画像著者案内「多田将」メイン画像著者案内「リチャード・ドーキンス」画像著者案内「福岡伸一」メイン画像「傳田光洋」メイン画像「マイケル・S.ガザニガ」メイン画像「アントニオ・R・ダマシオ」メイン画像「池谷裕二」メイン画像lisarandall-main-imgjoseph ledoux著者案内イメージV.S.ラマチャンドランの本、どれを読むメイン画像著者案内「村山斉」画像著者案内「大栗博司」画像

テーマ案内