これが物理学だ!
著 者:
ウォルター・ルーウィン
出版社:
文藝春秋
No image
デカルトの誤り
著 者:
アントニオ・R・ダマシオ
出版社:
筑摩書房
No image
遺伝子が語る免疫学夜話
著 者:
橋本求
出版社:
晶文社
No image
意識と自己
著 者:
アントニオ・R・ダマシオ
出版社:
講談社
No image
宇宙はなぜ美しいのか
著 者:
村山斉
出版社:
幻冬舎
No image
快感回路
著 者:
デイヴィッド・J・リンデン
出版社:
河出書房新社
No image

動的平衡

書籍一覧

ゆく川の流れは、動的平衡

著 者:
福岡伸一
出版社:
朝日新聞出版
No image

生物学者・福岡伸一の生命観に触れられる、朝日新聞の連載をまとめたエッセイ集(193篇)

福岡伸一、西田哲学を読む

著 者:
池田善昭/福岡伸一
出版社:
明石書店
No image

「ピュシス」対「ロゴス」をメインテーマとした、池田善昭と福岡伸一の対話。書名のとおり、福岡伸一が、西田哲学を自身の生命論「動的平衡」に照らして読み解いている。

動的平衡3

著 者:
福岡伸一
出版社:
木楽舎
No image

著者・福岡伸一のおもな主張が盛り込まれているエッセイ集。

もう牛を食べても安心か

著 者:
福岡伸一
出版社:
文藝春秋
No image

書名からは、狂牛病(BSE)にまつわる本だとわかる。だが、本書の真のテーマは、生命とは何か。

生命と食

著 者:
福岡伸一
出版社:
岩波書店
No image

動的平衡論の観点から、「生命と食」について語ったコンパクトな一冊。62ページの小冊子。

ロハスの思考

著 者:
福岡伸一
出版社:
木楽舎
No image

私は本書を、著者・福岡伸一の生命論、生物学エッセイとして読んだ。

動的平衡ダイアローグ

著 者:
福岡伸一
出版社:
木楽舎
No image

「世界のありようを、動的平衡の視点から論じ合った記録」(本書「プロローグ」より)。対談したのは、つぎの8人。カズオ・イシグロ、平野啓一郎、佐藤勝彦、玄侑宗久、ジャレド・ダイアモンド、隈研吾、鶴岡真弓、千住博。

動的平衡2

著 者:
福岡伸一
出版社:
木楽舎
No image

遺伝子には「自由であれ」という命令が含まれている。著者が唱える生命観「動的平衡」を多彩な切り口で論じる『動的平衡』の第2弾。

せいめいのはなし

著 者:
福岡伸一
出版社:
新潮社
No image

福岡伸一が「動的平衡」をキーワードに、内田樹、川上弘美、朝吹真理子、養老孟司と対談する。

動的平衡

著 者:
福岡伸一
出版社:
木楽舎
No image

「言葉の揺籃場所」となった2誌で執筆した記事に加筆・再編集をほどこしたもの。通奏低音となっているのは「動的平衡」という生命観。(追記:2017年に新書化され、「動的平衡の数理モデル」を提示している)

生物と無生物のあいだ

著 者:
福岡伸一
出版社:
講談社
No image

生命とは何か。この問いを生物学的に見つめながら、叙情的に、物語的に綴る。福岡伸一の話題作。