量子革命
著 者:
マンジット・クマール
出版社:
新潮社
書影リンク先Amazon
デカルトの誤り
著 者:
アントニオ・R・ダマシオ
出版社:
筑摩書房
書影リンク先Amazon
生物と無生物のあいだ
著 者:
福岡伸一
出版社:
講談社
書影リンク先Amazon
進化しすぎた脳
著 者:
池谷裕二
出版社:
講談社
書影リンク先Amazon
重力とは何か
著 者:
大栗博司
出版社:
幻冬舎
書影リンク先Amazon
ブラックホール
著 者:
マーシャ・バトゥーシャク
出版社:
地人書館
書影リンク先Amazon

相対性理論

書籍一覧

ブラックホールは怖くない?

著 者:
福江純
出版社:
恒星社厚生閣
No image

本書の読みどころは、ブラックホールのまわりにおける「物体の運動」及び「光線の振る舞い」について解説したところ。

目に見える世界は幻想か?

著 者:
松原隆彦
出版社:
光文社
書影リンク先Amazon

物理学の発展を辿った一冊。物理学について語ることから始めている。「物理学とは、常識に対する挑戦である」(本書より)

ホーキング、宇宙を語る

著 者:
スティーヴン・W・ホーキング
出版社:
早川書房
書影リンク先Amazon

難しいけれど、読者の好奇心を掻き立てる、世界的ベストセラー。本書には、著者ホーキングが行なった「重力の量子論」の探究が記されている。

ブラックホール

著 者:
佐藤文隆/R.ルフィーニ
出版社:
筑摩書房
書影リンク先Amazon

専門書と一般書の中間くらいの本。数式を交えた解説だが、数式を飛ばして言葉による説明だけを読むこともできる。

ブラックホール戦争

著 者:
レオナルド・サスキンド
出版社:
日経BP社
No image

本書は、ブラックホールとは何か、ブラックホールの蒸発とは何か、情報とは何か、エントロピーとは何かを丁寧に解説し、また、一般相対性理論、量子力学、ひも理論のエッセンスを述べ、「ブラックホールに吸い込まれる情報の運命に関する20年以上の知的戦争」を語り尽くした一冊。

ブラックホール・膨張宇宙・重力波

著 者:
真貝寿明
出版社:
光文社
書影リンク先Amazon

書名の3つ、ブラックホール・膨張宇宙・重力波は、「一般相対性理論から導かれる物理現象であり、現在の研究者が真剣に取り組んでいる研究テーマ」だという。本書は、「一般相対性理論に関連する研究に携わって25年」になる著者が、上記の3つの概説を軸にして、一般相対性理論の100年を描き出したもの。

相対性理論入門

著 者:
内山龍雄
出版社:
岩波書店
No image

1978年に刊行され、2015年5月で第30刷のロングセラー。好評の〝数式なしの本格派〟入門書。

特殊および一般相対性理論について[新装版]

著 者:
アルバート・アインシュタイン
出版社:
白揚社
書影リンク先Amazon

アインシュタイン自身による「相対性理論」の一般向け解説書。

「相対性理論」を楽しむ本

著 者:
出版社:
PHP研究所
書影リンク先Amazon

2015年4月で第70刷のロングセラー。相対性理論を〝言葉〟で知りたい方の入門書〝決定版〟

アインシュタイン 相対性理論

著 者:
佐藤勝彦
出版社:
NHK出版
書影リンク先Amazon

相対性理論を〝言葉で〟知りたい方の入門書。テレビ番組のテキストをベースにつくられている。

ブラックホールと時空の歪み

著 者:
キップ・S・ソーン
出版社:
白揚社
書影リンク先Amazon

「アインシュタインのとんでもない遺産」を探究する科学者たちの物語。

ワープする宇宙

著 者:
リサ・ランドール
出版社:
日本放送出版協会(現/NHK出版)
No image

余剰次元とブレーンワールドを解説した全米ベストセラーの日本語版。そこにいたる20世紀物理学も概説する。

エレガントな宇宙

著 者:
ブライアン・グリーン
出版社:
草思社
No image

各国で読まれたベストセラー。読み応えのある「超ひも理論(超弦理論)」の一般向け解説書。

重力とは何か

著 者:
大栗博司
出版社:
幻冬舎
書影リンク先Amazon

本書は相対性理論や超弦理論などを解説。この宇宙の成り立ちを解くカギを握る「重力」の研究は、「第三の黄金時代」を迎えているという。人気を博する大栗博司の話題作。