ヒッグス粒子

書籍一覧

宇宙はこう考えられている

No image
著者:
青野由利

ヒッグス粒子の話題を軸にして、素粒子の「標準理論」の基本を概観し、それから、宇宙論の定番的な話題を紹介している。〝もっともやさしい〟入門書。

村山さん、宇宙はどこまでわかったんですか?

No image
著者:
村山斉/高橋真理子

『宇宙は何でできているのか』で話題になった村山斉の対話形式本。話題は、ヒッグス粒子、誤報だった超光速ニュートリノ、小澤の不等式、暗黒物質と暗黒エネルギーなど。

宇宙になぜ我々が存在するのか

No image
著者:
村山斉

本書はニュートリノのさまざまな特徴を解説している。ニュートリノは「消えた反物質の謎」を解く鍵を握っているという。ヒッグス粒子の話題もあり。

強い力と弱い力

No image
著者:
大栗博司

人気を博する大栗博司が、「ヒッグス粒子発見の本当の意義」や標準模型を、数式ではなく〝言葉〟で解説する。

新刊・近刊リスト

新刊・近刊リストは出版社サイトを別ウインドウで開きます

著者案内

著者案内「デイヴィッド・J・リンデン」画像 著者案内「デイヴィッド・イーグルマン」画像 著者案内「井ノ口馨」画像 著者案内「櫻井武」画像 著者案内「多田将」画像 著者案内「リチャード・ドーキンス」画像 著者案内「福岡伸一」画像 「傳田光洋」画像 「マイケル・S.ガザニガ」画像 アントニオ・R・ダマシオ画像 「池谷裕二」画像 joseph ledoux著者案内イメージ 著者案内V.S.ラマチャンドラン画像 著者案内「村山斉」画像 著者案内「大栗博司」画像

テーマ案内

おすすめ本

以前に新刊・近刊としてピックアップしたもの

出版社サイトを別ウインドウで開きます