科学本のなかの言葉–29–(佐藤文隆の言葉)

「ぼくは前から、知識にはふたとおりあるといっている。足す知識と入れ替える知識です」

「新しい知識を得たとする。そのとき、自分の知識のおもちゃ箱に新しく一つ加えるみたいなのが足す知識。でもこういう知識はしみ込まない。だが、もともとつまっていたものと入れ替える知識は、しみ込みます」

――佐藤文隆

上記の言葉が記されているのは、『「科学にすがるな!」 宇宙と死をめぐる特別授業』。この本の著者は二人だが、執筆者は、艸場よしみ。本書の佐藤文隆は、いわば登場人物だ。

登場人物としての佐藤文隆が、「いかに生きるか」を「公共」という観点から語っている。人間とは社会的動物であるという観点から語ったとも言える。「死生観」がメインテーマの本だが、社会的であることについて考えてみたい方、また、学びについて考えてみたい方にもおすすめできる本だ。

初投稿日:2017年06月27日
最終加筆:2017年09月20日

新刊・近刊リスト

新刊・近刊リストは出版社サイトを別ウインドウで開きます

著者案内

著者案内「デイヴィッド・J・リンデン」画像 著者案内「デイヴィッド・イーグルマン」画像 著者案内「井ノ口馨」画像 著者案内「櫻井武」画像 著者案内「多田将」画像 著者案内「リチャード・ドーキンス」画像 著者案内「福岡伸一」画像 「傳田光洋」画像 「マイケル・S.ガザニガ」画像 アントニオ・R・ダマシオ画像 「池谷裕二」画像 joseph ledoux著者案内イメージ 著者案内V.S.ラマチャンドラン画像 著者案内「村山斉」画像 著者案内「大栗博司」画像

テーマ案内

おすすめ本

以前に新刊・近刊としてピックアップしたもの

出版社サイトを別ウインドウで開きます