やさしい宇宙論入門書をお探しの方におすすめの本

眠れなくなる宇宙のはなし

著者:佐藤勝彦

インフレーション理論の提唱者として知られる佐藤勝彦が、古代の宇宙観から最新のブレーン宇宙論までやさしく解説したベストセラー。

本書の特徴は、宇宙論の解説を古代から始めているところにある。神話のような宇宙観や古代ギリシャの宇宙観の解説に多くのページが割かれている。もし、現代の宇宙論のみを知りたくて本書を手にしたとすると、すこしうんざりするかもしれない。

しかし、古代の多彩な宇宙観が描かれていることで、いつの時代も、その時代を代表する知性が、さまざまな宇宙モデルを考えだしてきたことがわかる。どんなに宇宙論が変遷しても、人間の知りたいという思いだけは変わらないのだと、そんなことも感じられた。悠久の歴史を一気に駆け抜けるような、そんな読書ともいえる。

「一気に駆け抜ける」と言ったけれど、じつは本書は「一夜」で一つの章を読むような構成になっている。「第七夜」まであるので、ゆっくりと一週間かけて宇宙論の変遷を辿るのもよいかもしれない。

興味をもっているのが現代の宇宙論だとしても、古代の宇宙観から読みはじめるのはきっと悪くない。もちろん、古代から現代までの宇宙論の変遷を知りたい方には最適の本。ベストセラーが文庫で読めるのも嬉しい。

初投稿日:2014年11月24日

新刊・近刊リスト

新刊・近刊リストは出版社サイトを別ウインドウで開きます

著者案内

著者案内「デイヴィッド・J・リンデン」画像 著者案内「デイヴィッド・イーグルマン」画像 著者案内「井ノ口馨」画像 著者案内「櫻井武」画像 著者案内「多田将」画像 著者案内「リチャード・ドーキンス」画像 著者案内「福岡伸一」画像 「傳田光洋」画像 「マイケル・S.ガザニガ」画像 アントニオ・R・ダマシオ画像 「池谷裕二」画像 joseph ledoux著者案内イメージ 著者案内V.S.ラマチャンドラン画像 著者案内「村山斉」画像 著者案内「大栗博司」画像

テーマ案内

おすすめ本

以前に新刊・近刊としてピックアップしたもの

出版社サイトを別ウインドウで開きます