ユニークな宇宙講義を〝聞きたい〟方におすすめの本

すごい宇宙講義

著者:多田将

本書は、全4回の連続講演を元にした、臨場感あふれる、〝聞かせる〟宇宙講義。

(笑)という記述がたくさん出てくるユニークな語り口と、それにぴったりと合ったイラスト、また、ときおりアニメの話が登場するなど、気楽な読み物という雰囲気の本だ。そのような雰囲気のなかに、著者の科学への真剣さが、一本の芯のように通っている。そこが、この本の魅力だと思う。

気楽な読み物という雰囲気ではあるが、実のところ、さまざまな知見を得ることができる読み応えのある本だ。そして解説は、巧みな喩えを用いた、わかりやすい解説。

ただし、最初のテーマがブラックホールと相対性理論なので、ちょっと戸惑う感じの入口と言えるかもしれない。入口より、もっと奥のほう、出口付近がおもしろい。この本は、読み進めるほどにおもしろくなっていく本だと私は思っている。

著者の専門は、素粒子物理学。宇宙関連の知見だけでなく、素粒子関連の知見も得られる本であることも伝えておきたい。

本書は、「ブラックホール」「ビッグバン」「暗黒物質」「そして宇宙は創られた」の4つの章(と3つの長めのコラム)からなる。

最後に、この本についての著者の言葉を紹介したい。「じつは、僕は本書の中で、宇宙そのものの魅力ではなく、宇宙について人間がいかに考えてきたか、ということをお伝えしたいと思っているのです」

初投稿日:2017年05月23日

新刊・近刊リスト

新刊・近刊リストは出版社サイトを別ウインドウで開きます

著者案内

著者案内「デイヴィッド・J・リンデン」画像 著者案内「デイヴィッド・イーグルマン」画像 著者案内「井ノ口馨」画像 著者案内「櫻井武」画像 著者案内「多田将」画像 著者案内「リチャード・ドーキンス」画像 著者案内「福岡伸一」画像 「傳田光洋」画像 「マイケル・S.ガザニガ」画像 アントニオ・R・ダマシオ画像 「池谷裕二」画像 joseph ledoux著者案内イメージ 著者案内V.S.ラマチャンドラン画像 著者案内「村山斉」画像 著者案内「大栗博司」画像

テーマ案内

おすすめ本

以前に新刊・近刊としてピックアップしたもの

出版社サイトを別ウインドウで開きます