人の行動や思考と〝無意識〟との関係を脳科学に基づいて考えてみたい方におすすめの本

意識は傍観者である 脳の知られざる営み

著者:デイヴィッド・イーグルマン

なぜ、自分があんなことをしたのかわからない。自分の言動を振り返ってみると、誰にでもそのようなことがあるのではないだろうか。つい言っちゃった、とはよく聞く言葉だ。

著者はこんなふうに述べている。「私たちがやること、考えること、そして感じることの大半は、私たちの意識の支配下にはない」と。すなわち、その大半は、〝無意識〟によって決められているという。

上記の一文を注意深く読むと、「考えること」とある。私たちの行動だけでなく、思考さえもが、その大半は「私たちの意識の支配下にはない」と本書は述べているのだ。

一見すると、とんでもない主張に思えるが、著者は、いくつもの事例を積み重ねて、積み重ねて、積み重ねて、〝無意識〟の広大さを、「意識は傍観者である」ことを説いていく。本書の魅力は、いくつもの事例を盛り込んでいるところだ。

内容については、書評ページを(いろいろと書いたので、ぜひ)。最後に、すばらしく読みやすい本であることを強調しておきたい。

初投稿日:2016年06月28日

新刊・近刊リスト

新刊・近刊リストは出版社サイトを別ウインドウで開きます

著者案内

著者案内「櫻井武」画像 著者案内「多田将」画像 著者案内「リチャード・ドーキンス」画像 著者案内「福岡伸一」画像 「傳田光洋」画像 「マイケル・S.ガザニガ」画像 アントニオ・R・ダマシオ画像 「池谷裕二」画像 joseph ledoux著者案内イメージ 著者案内V.S.ラマチャンドラン画像 著者案内「村山斉」画像 著者案内「大栗博司」画像

テーマ案内

おすすめ本

以前に新刊・近刊としてピックアップしたもの

出版社サイトを別ウインドウで開きます