「意識」を脳科学にもとづいて考えてみたい方におすすめの本

意識と自己

著者:アントニオ・R・ダマシオ

2018年6月に出版された『意識と自己』は、『無意識の脳 自己意識の脳』(アントニオ・R・ダマシオ/2003年6月)を文庫化したもの。

『無意識の脳 自己意識の脳』は、最高におもしろい一冊だった。と同時に、読み進めるのが大変な一冊でもあった。あまりにも大変だったため、他人におすすめする気にはなれず、書評ページの「ひとこと」に、こう書いた。〝読むのがとても大変な本だと思うので、「おすすめ」とは言いにくいのだが、私のなかでは「おすすめ本」のひとつ〟と。

そんな、『無意識の脳 自己意識の脳』が文庫化されたと知って、久しぶりに読み直した。2回目のため以前より読むのが大変ではなかったし、何よりもダマシオの論考はおもしろかったので、おすすめ記事を書いてみようという気になった。

内容については書評ページにいろいろと書いたので、ここでは、この本のどこがおもしろいのかをごく簡単に書いてみたい。

ダマシオは、意識を考察するうえで、脳だけで考えずに、身体を重要視している。ここが、おもしろいところだ。

脳と身体は分離不可能な「有機体」を形成しており、そして有機体は「環境」と強く相互作用している。この視点から語られる、意識についての独創的な論考が本書の魅力。

意識や心といった見えないものについて考えるとき、私たちは「身体」のことを忘れがちではないだろうか。インターネットを通したコミュニケーションが隆盛の現代は、「身体」を置き去りにしてしまいがちな時代だとも思う。だが本書を読むと、私たちの視点は、きっと「身体」に向かう。

私たちは、意識や心を考えるとき、「身体」と「環境」に目を向けるべきなのだ。そのようなことを考えさせてくれるのが、『無意識の脳 自己意識の脳』(文庫版『意識と自己』)を読むおもしろさだ、と私は思っている。

意識に興味があるなら、たとえ苦労したとしても読んでみる価値ある一冊だと思うが、どうだろう。内容については、書評ページを。最後に、一般向けの脳科学の本をいくつか読んでいる方向きの本であることを付け加えておきたい。

初投稿日:2018年07月30日

新刊・近刊リスト

新刊・近刊リストは出版社サイトを別ウインドウで開きます

著者案内

著者案内「デイヴィッド・J・リンデン」画像 著者案内「デイヴィッド・イーグルマン」画像 著者案内「井ノ口馨」画像 著者案内「櫻井武」画像 著者案内「多田将」画像 著者案内「リチャード・ドーキンス」画像 著者案内「福岡伸一」画像 「傳田光洋」画像 「マイケル・S.ガザニガ」画像 アントニオ・R・ダマシオ画像 「池谷裕二」画像 joseph ledoux著者案内イメージ 著者案内V.S.ラマチャンドラン画像 著者案内「村山斉」画像 著者案内「大栗博司」画像

テーマ案内

おすすめ本

以前に新刊・近刊としてピックアップしたもの

出版社サイトを別ウインドウで開きます