宇宙背景放射 ——「ビッグバン以前」の痕跡を探る

書籍情報

【集英社新書】
No image
著 者:
羽澄昌史
出版社:
集英社
出版年:
2015年10月
定 価:
本体720円+税

2014年3月にはじまった「原始重力波発見騒動」の顛末を、現場の研究者ならではのエピソードを織り込みながら語り、また、「原始重力波」とは何か、「Bモード偏光」とは何かを解説する

2014年3月、「原始重力波」を検出したというニュースが世界中を駆け巡った。「宇宙論に関わる専門家にとって、それは天地をゆるがすほどの大事件だった」という。ビッグバン以前に起こったとされる「インフレーション」の決定的証拠を発見したという「衝撃的なニュース」だったのだ。この発表を行なった「BICEP2(バイセップツー)」は、じつは著者らのライバルグループ。著者も「原始重力波の検出」を目指している。もし、この発表に間違いがなければ、先を越されたことになる。多くの物理学者が受けた衝撃とは異なる「強い衝撃を受けた」と語る。

「しかしこの「発見」は、半年ほど経ってから、ほぼ間違いであることがわかった」という。本書の特色は、この「原始重力波発見騒動」の顛末を、現場の研究者ならではのエピソードを織り込みながら語り、また、「原始重力波」とは何か、「Bモード偏光」とは何かを、なるべくわかりやすく解説しようと試みているところ。

この本の書名は「宇宙背景放射」だが、著者らは宇宙背景放射(CMB)を観測している。そして、このCMBに「指紋のように残っている」原始重力波の痕跡を探している。その痕跡が「Bモード偏光」。つまり、「原始重力波の検出」という上記ニュースは、CMBを観測して、原始重力波起源のBモード偏光を発見したということ。BICEP2は「原始重力波起源のBモード偏光を発見した」と発表したそうだ。この発表が「ほぼ間違いである」というのは、「塵の影響によるBモード偏光である可能性があるということ」のようだ。本書では、CMBとは何か、宇宙のインフレーションとは何か、ということから解説している。

難解そうな本と思われるかもしれないが(実際、テーマは難解だが)、本書の雰囲気は、著者自身のエピソードがいくつも盛り込まれていることもあって、気軽な読みものといった感じだ。たとえば、チリのアタカマ高地にある実験施設「ポーラーベア(POLARBEAR)」(著者の職場)の話では、この高地では「ポテトチップスがやけに旨い」といった余談も披露している。

ほかに、実験物理学者である著者らしい「観測装置」にまつわる話も登場する。

ひとこと

上述の2014年3月のニュース、原始重力波、Bモード偏光、に興味のある方におすすめ。

初投稿日:2016年01月11日

新刊・近刊リスト

新刊・近刊リストは出版社サイトを別ウインドウで開きます

著者案内

著者案内「デイヴィッド・イーグルマン」画像 著者案内「井ノ口馨」画像 著者案内「櫻井武」画像 著者案内「多田将」画像 著者案内「リチャード・ドーキンス」画像 著者案内「福岡伸一」画像 「傳田光洋」画像 「マイケル・S.ガザニガ」画像 アントニオ・R・ダマシオ画像 「池谷裕二」画像 joseph ledoux著者案内イメージ 著者案内V.S.ラマチャンドラン画像 著者案内「村山斉」画像 著者案内「大栗博司」画像

テーマ案内

おすすめ本

以前に新刊・近刊としてピックアップしたもの

出版社サイトを別ウインドウで開きます