人間らしさとはなにか? ——人間のユニークさを明かす科学の最前線

書籍情報

【単行本】
No image
著 者:
マイケル・S・ガザニガ
訳 者:
柴田裕之
出版社:
インターシフト
出版年:
2010年3月
定 価:
本体3,600円+税

さまざまな科学者の研究を紹介しながら、人間のユニークさを浮き彫りにする

著者ガザニガは、人間は進化の産物だが「私たち人間は特別だ」と主張する。氷が水に、水が水蒸気になるのと同じように、進化のプロセスで相転移が起こったのだという。霧と氷山が大きく異なっているように、人間と他の動物は似ても似つかないのだ、と。本書は、さまざまな科学者の研究を紹介しながら、人間のユニークさを浮き彫りにすることを試みたもの。

まず、人間の脳がユニークな特徴を持っていることを、脳領域、細胞、遺伝子といったレベルで見ていく。たとえば、「外側前頭前皮質にある10野は、人間では類人猿のほぼ二倍ある」といった知見が紹介される。人間の身体もユニークだ。たとえば、私たちの「親指」や「喉頭」がユニークであることが述べられている。

「言語能力」を人間のユニークな点にあげる者は多いという。では、類人猿の言語能力はどうなのだろうか。類人猿に言語を教えることを試みた研究の紹介がある。また、類人猿のコミュニケーションもとりあげられている。チンパンジーが「心の理論」を持っているかどうかは興味深い話題だ。

人間の社会性についても論じられている。ある研究によると、社会集団のサイズと脳のサイズには相関関係があるそうだ。人間の大脳新皮質のサイズから割り出した社会集団のサイズは150人だという。この知見に基づくならば、一個人が動静を追うことのできる人数は150人くらいとなるようだ。

道徳や情動の話題もある。たとえば次のような見解が述べられている。「私たちには生得の倫理プログラムが選択されて組み込まれている」、人間はネガティブ優先のバイアスを持っている、自分の身体に敏感だと他者への共感も強まる、などなど。模倣やミラーニューロンの話題もある。

信念、意識、自己というトピックでは、著者の提唱している左半球の「解釈装置」が登場する。分離脳研究と「解釈装置」を中心に、さまざまな話題が盛り込まれている。たとえば、「エピソード記憶」を持っているかもしれないアメリカカケスの話題などがある。

芸術についても論じられている。「人工知能」や「神経インプラント」の話題もあり。

ひとこと

ページ数は、参考文献と解説も含めて約600ページ。

初投稿日:2015年06月02日

新刊・近刊リスト

新刊・近刊リストは出版社サイトを別ウインドウで開きます

著者案内

著者案内「デイヴィッド・イーグルマン」画像 著者案内「井ノ口馨」画像 著者案内「櫻井武」画像 著者案内「多田将」画像 著者案内「リチャード・ドーキンス」画像 著者案内「福岡伸一」画像 「傳田光洋」画像 「マイケル・S.ガザニガ」画像 アントニオ・R・ダマシオ画像 「池谷裕二」画像 joseph ledoux著者案内イメージ 著者案内V.S.ラマチャンドラン画像 著者案内「村山斉」画像 著者案内「大栗博司」画像

テーマ案内

おすすめ本

以前に新刊・近刊としてピックアップしたもの

出版社サイトを別ウインドウで開きます